ワーホリしても英語を「話せない」人が圧倒的に多い、理由?

ワーホリする前に10社以上のエージェントに相談。そして得られたアドバイスは・・


ワーホリでカナダに行く前、私は日本で10社以上の留学エージェントに相談をした。

そう日本人の友達に言うと「え、そんなに?!」と笑われるが、同じ事をカナダ人の友達に言うと ”エージェント? 相談?・・何を相談したの?” と目を丸くされる。

そして、”英語が話せるようになるためにエージェントに相談をする? それでどの学校がいいか教えてもらう? え、でもCoco、学校に行っても英語が話せるようにならなかったって言ってなかった? ・・・何を相談したの???” と、カナダ人の友達はそこでようやく、笑ってくれる。

得られたアドバイスはすべて同じ、ESLに行くこと。


私がなぜそんなに多くのエージェントに相談をしたかというと、そのどこからも日本にいる間にどのESL(語学学校)に行くかを決めてしまうよう言われたから、である。

エージェントは学校のパンフレットを郵送やメールで大量に送ってきてくれた。がしかし、語学学校の授業が実際どんな感じなのか、この目で見ることもせずにどうやって決めればよいのか・・・と私は思っていた。(続:ワーホリを始める前に「しておけばよかった」と思うこと。を参照。)

でも学校をどこにするのか、資料を送ってくれたエージェントは私の返事を待っているようだったので、返事ができずに、次のエージェント、次、次・・と連絡をとるうち、気づけば10社を超えていた。のである。

・・・でも何で、私が電話やメールや対面でエージェントに、「カナダでワーホリをしたい」と言うと、どこもかしこが口を揃えて「ワーホリですか。ではまず最初に語学学校ですね」と言われたんだろうか?
何でインンターネットでちょっと検索するだけで何十何百(何千?)と出てくる留学エージェントのサイトのどれもが、「何が何でももまずは語学学校に行くこと」を前提にしていたんだろうか・・?

私はその頃本当に色々な留学エージェントのサイトを見ていたけれど、ワーホリで語学学校に行かないという選択肢について書いているものは当時一つもなかった。(し、きっと今もないだろうと思う。)

エージェントの人は「ESLに行くのが良い」と言うが、実際にワーホリをした人は「ESLに行っても英語が話せない」と言う矛盾。


エージェントの人は「日本にいる間に学校を決めていった方がいいです。カナダであちこち見て回っても時間が経つだけなので(カナダでの時間が)もったいないですよ。」の一点張りだったけれど、私は当時は(カナダに限らず)ワーホリをしていた/している人たちのブログも結構読んでいて、そこには「ESL(語学学校)に通っても英語が話せるようになっていない」とよく書いてあった。

だからエージェントの人の言葉とパンフレットの写真だけで、学校がどんなものなのか(実際私がバンクーバーで通ったESLはパンフレットの写真とは全然違っていた)、先生はどんな人なのか、その学校の人と直接話せるわけでもなくただ”見た目”で学校を決めなければいけないなんて、「そんなの一か八かの賭けじゃないか。」と思った。

そしてどこかに、語学学校に行く以外に英語を伸ばす方法はないものかと、それは多くのワーホリ経験者のブログを読んでいたのだけれど、でも語学学校に行っていない/行ったことがない人のブログなんて滅多になかったし、たまにあっても「恥ずかしいので英語はなるべく使わないようにしている・・」と書いてあったりして、やっぱり私はどうしたらよいのかわからなかった。


私のカナダでの生活がどんなものになるのか分からないし、カナダに行ったからって、どれくらい英語が話せるようになるかなんてもっと分からない。でもカナダで数ヶ月も生活をすれば、自然に英語が話せるようになって、自然にカナダ人の友達もできて、楽しく充実した生活ができるようになる・・かも? 少なくとも、数ヶ月もカナダで過ごせば、日常会話ぐらいは苦労なくできるようになるはず・・? そういう「期待」もあったから、私は「とりあえずカナダに行こう」と思った。

・・・今思うと、私が思っていた「期待」というのは、そうなってほしいという「願望」に過ぎなかったのだけれど・・・。

結局ESLには行ったが、結果は・・・


エージェントには学校についての意思表示をしないまま、カナダに行く日を迎え、バンクーバーに着いて、1日が経ち、2日が経ち、3日が経ち・・・。

自然に英語が話せるようになっていっている気配など、もちろんないし、ホストファミリーには”いつから語学学校に行くの?”と毎日聞かれる。
実際問題、バンクーバーで生活を始めたばかりの私には、取り立てて”しなければならないこと”なんて何もなく「これは・・・学校に行くしかすることがない・・」とも思った。

日本での生活とは違って、仕事をしていないからカナダでの時間は自分の好きなように使えるのだけれど、英語が全然できない状態の私にできることなんて、「学校に通うことくらいしかない・・」と思ってしまった。

カナダに着いたばかりで、もちろん友達もおらず、そんな時、エージェントの人の「学校に行けば友達もできますしね。」という言葉もあった。(本当は別に学校になど行かなくても、バンクーバーには友達を作る場などたくさんあるのだけれど。)

・・いくら「ESL(語学学校)に通っても英語が話せるようになっていない」と多くのワーホリ経験者のブログに書いてあったって、でも他にどうしたらよいのかがわからなかった。だから結局は、色々体験レッスンを受けて回ったESL(語学学校)の中で、一番雰囲気が明るいと思ったところに、3ヶ月通うことにした。学校はどこも料金もクラス構成もカリキュラムも似たり寄ったりだったから、そんな理由で決めた。
そして「3ヶ月学校に行けばだいぶ話せるようになりますよ。」というエージェントの言葉を信じて私は本当に3ヵ月通うことにした。

海外に行っても日本と同じやり方で英語の勉強をし、結果は同じだった。


私は10社以上の留学エージェントに「英語が話せるようになるにはどうすればよいか」を相談したはずなのだが、得られたアドバイスはたった一つ、「ESL(語学学校)に通うこと」であった。

それはつまり「学校に通って英語を勉強すること」=「英語の文法と単語を暗記し続けること」=「日本で散々やってきたこと」=「どう頑張っても英語が話せるようになるのは難しいこと」であったのだと、ようやくはっきりと気がついたのは、ESLを卒業した後のことであった。


<関連エントリ:
留学しても英語を「話せない」人が圧倒的に多い、理由?
カナダで英語を勉強する前に「知っておきたかった」こと。
ESLに行きさえすれば安心・・?の心理。

(2016.11.10追記)
下は「もう英語を勉強する必要がない状態」に達する方法。 で紹介させていただいた、現在カナダでワーホリをしておられこのブログを通してご連絡を頂いた方(Cさん)と私とのLINEチャットです。
Cさんは、私がカナダでESLを卒業しても英語が話せるようにならず、英語を個人で習った先生の同じレッスンをバンクーバーで最近受け始められました。
LINE-comment
白色の吹き出しがCさん、緑色が筆者(Coco)です。
Cさん、掲載を快諾下さりありがとうございました!


*お知らせ*
私がバンクーバーでESLに通っても英語が話せるようにならず、その後英語を個人で習っていた先生が、日本でも英語を教えてほしいとの依頼を受け、また前回のレッスンの続きのために12月3日(日本時間)来日をされます。
(もし既にご連絡を頂いているにも関わらず、先生からのメールが届いていないという方がいらっしゃれば至急ご一報ください。)

下記は、この12月に先生に会われるのが今年4回目になる生徒さんから先生に、Skypeで届いたメッセージだそうです。
この方も、「日本人が英語を話すのは難しい」、は大間違い。でご紹介させて頂いた方と同様、来年先生とスタッフのサポートの元、バンクーバーでレッスンを続けられる予定だそうです。

Sure :D I'm looking forward to you come!
Take care!


(* :D は英語の顔文字です。)

日本で時間をかけて1対1でカウンセリングと、英語のレッスンを受けることができるので、海外に行く前に海外に友達ができます。


(2016.11.10追記)***お知らせ***
私がバンクーバ-で英語を個人で習った先生のレッスンが、現在はバンクーバーだけでなく日本や中国・フィリピン・またオンラインでもレッスンをされています。(オーストラリアも準備中。)

***お正月割引のお知らせ***
毎年恒例、レッスンの費用が最大50%引きになるキャンペーンが始まりました。
今回は、
1)マチュピチュやウユニ塩湖など南米を巡る旅行 + カナダでのレッスン
Uyuni_1
Machu_Picchu_1

2)フィリピン・セブ島での集中英語レッスン + カナダでのレッスン
EBC_CEBU_1

3)カナダで英語環境での仕事をするための集中トレーニング + カナダでのレッスン
4)フィリピン・セブ島での集中英語レッスン + カナダでのレッスン + オーストラリアでのレッスン
5)フィリピン・セブ島での集中英語レッスン + オーストラリアでのレッスン + カナダでのレッスン 
Canada_1

が50%引きとなります。


ご興味のある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。



レッスンにご興味がある方、留学やワーホリを考えておられる方は、先生と現在バンクーバー滞在2年目の日本人の元生徒さん(Junさん)から、オンラインで無料カウンセリングも受けられます。
Junさんが更新しておられるfacebookページはこちら→YCDI "Let's Speak English"

コメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

*ご連絡いただいた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.アンケートの回答をいただきましたら、先生とJunさんに頂いたアンケートとご連絡先を転送します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン無料カウンセリングの日時をご相談の上決定します。





    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 ブログランキング・にほんブログ村へ
 

2013年12月3日に公開した記事に加筆しました。

コメント

No title

>初めまして。makoと申します。(仮名です。) ブログを拝見させて頂きました。今年の春にワーホリでトロントに行こうと考えています。以前アメリカにホームスティをし、語学学校に5週間通いました。とても刺激的で楽しかったのですが、英語が上達したかと言われれば、そうといい難いく、また、ESLでできた友人は韓国・中国・台湾が多く、今回トロントでESLに行ったとしても二の舞ではないかと考えます。 日本の暗記中心の勉強法や、ネットに多く掲載されているオンライン英会話や瞬間英作文、単語の暗記という勉強法に正直辟易してます。 今回ブログを拝見し、レッスンに興味を持ちました。レッスン詳細やカウンセリングについてお伺いしたいのでご連絡いただけますと幸いです。よろしくお願いします。

はじめまして。
先日都内にてお会いし、お話させていただきました。

Coco

Re: No title

> こんにちは。ブログを拝見しご連絡しました。現在トロントにおります。カナダでのレッスンに興味があるのですが、レッスン料金など詳細を伺えないでしょうか。また、カナダでのレッスンはバンクーバーのみでしょうか?よろしくお願いします。

はじめまして、コメントありがとうございます。
メールをお送りしましたのでご確認お願いします。
Coco

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: はじめまして

kanaさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。

メールをお送りさせていただきました。
Coco

Re: はじめまして。

mamaさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせていただきましたので、ご確認ください。
よろしくお願い致します。

Coco

Re: 体験レッスンに関して質問です。

Chihiroさんへ

はじめまして、

コメントありがとうございます。

メールをお送りさせていただきました。

Coco

Re: 初めまして☆

misaさんへ

初めまして、
コメントありがとうございます。

メールをお送りさせていただきました。

Coco

Re: 予約について

mihoさんへ

ご連絡いただきありがとうございます。

メールをお送りさせていただきました。

Coco

Re: No title

Erikaさんへ

はじめまして、コメントありがとうございます。

メールをお送りさせていただきました。

Coco

Re: こんばんは

yamamotoさんへ

はじめまして、
コメントありがとうございます。

メールを送らせていただきました。

Coco
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ