【動画あり】 「ESL英語」を話す留学生の、現実。

以前にも書いたことがあるが、私はバンクーバーで生活する中で
「ESL(語学学校)に通っている(いた)人からは滅茶苦茶よく聞くのに、ネイティブスピーカーからはまず聞かない英語」
が存在することに気が付いた。

例えば
"I'm fine, thank you. And you?”とか(海外に行く前に知っておきたい、「How are you?」への答え方)、
"Actually"や"How can I say?"の連発とか(ESL英語のワナ。)、
お辞儀付きの”Thank you” とか(英語を効果的に勉強する:1)。

私はバンクーバーで語学学校に通う前は"How can I say?"なんていうフレーズは知らなかったのだけれど、そこでクラスメイトが口癖のように言っていたために、自分も"How can I say?"を連発するようになってしまった。

それが「ESL英語」=「英語のカルチャーが抜け落ちているためにネイティブからは違和感をもたれる英語」なのだということは、
語学学校を卒業した後、英語を個人で習うようになった先生から指摘をされるまで全然わからなかった。

★★★★★★

「英語のカルチャーが抜け落ちた英語」で喋っていても、当の本人にはそれがなかなかわからないものである。

だって語学学校に通っていたら(とくにバンクーバーの語学学校はアジア人の留学生が多いから)周りも皆同じような喋り方、振る舞い方をしているし、
学校の先生はだいたいネイティブだから生徒の話す「Asian English/Japanglish」に違和感をもっているはずなのだけれど、それを教えてくれることは、まずないから。(文法とか発音の間違いを注意してくれることはしょっちゅうあっても。。。それで私はよく落ち込んだ。)


海外にいても風船の中にとどまり、常にアジア人同士で固まる"FOLLOW THE DUCK"でいる限りは、
英語のカルチャーが抜け落ちた英語を話していても、相手も同じだから通用する。

でもネイティブと接すると、
「ESLで英語を学んだ留学生が話す英語」と「ネイティブが話す英語」とが違うために、
途端に会話が成立しないということがよくあった。

会話が続かないだけならまだしも、笑われたり、変な顔をされたり、軽く扱われたりすることもあった。(英語が話せるようになって初めて「見える」ようになったこと。を参照。)

「英語のカルチャーが抜け落ちた英語」を話しているということは、それは暗に相手に「私は英語のカルチャーを理解していません」というメッセージを伝えているということだった。

★★★★★★

"I'm fine, thank you. And you?” も "How can I say?" も "Actually" も お辞儀しながらの”Thank you”も、
どこか文法が間違っているわけではないし、単語の一つ一つは完全に正しい。

でもこのどれも、英語のカルチャーが欠けた英語。

自分も相手にも自然に聞こえる英語を話すために必要なのは、
「日本語のカルチャー + 英語の単語」 で話すことではなく、
「英語のカルチャー + 英語の単語」 で話すことなのである。

<関連エントリ:自然な英語が話せるようになるための、簡単な公式。




*お知らせ*
私がバンクーバーで個人で英語を習っていた先生は、Skypeで英語のレッスンと、ワーホリ/留学に関するカウンセリングもされています。
下のビデオの中で「ESL英語」を実演されていらっしゃるのが、先生のレッスンの日本人カウンセラーであるEthanさんです。



また先月の旅行に参加された生徒さんのお一人からメールを頂いたのでご紹介します。
~~~~~~~~~~~~~~
Cocoさんへ

お久しぶりです。です。
先月expeditionが終わり、今週カナダから帰国しました。
実はexpeditionに行く前はMatt(先生の名前)に何言われるかビクビクしてましたが(笑)
終わってみれば、一緒に行った人との出会いもあり、自分の英語力がどのくらいかも分かりました。やっぱり行ってみて良かったです。
自分が感じたのは、英語の文法がどうかというよりは、学ぶ姿勢を教えられた気がします。
カナダでの振る舞い方、日本との違いなど。私も一年カナダにいましたが出来なかった所もありました。
もっと前にこれに参加してたら、結果は違ってたかもしれないなと感じました。
それでも 自分の英語を聞いた人達の反応は良かったので後悔はしていませんが。

これからもMattやここで会った人達と連絡は続けていくつもりです。

どうもありがとうございました。
~~~~~~~~~~~~~~~
(メールありがとうございました。ご希望によりお名前は伏せさせて頂きました。)

*******

先生のレッスンについてご興味がある方は、ご連絡先を添えてコメント欄よりご一報下さい。
コメント入力者のメールアドレスはブログ上には表示されない設定となっています。

レッスンのお申込みには、Skype IDが必須です。
既にご連絡を頂いている方で、もしも先生からのメールが未だ届いていないという方がいらっしゃったら、ご一報ください。
また携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。

(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生へ直接お願いします。)


    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

コメント

Re: No title

> 初めまして、Yokoと申します。Victoriaでワーホリ中なのですが、英語が十分じゃないと言われ、なかなか仕事に就くことができません。Cocoさんのブログはこちらに来る前から読んでいました!Cocoさんの仰る通り、語学学校に通っても、結局喋れないままで、一度先生のレッスンを受けてみたいと思い、連絡しました。
> 宜しくお願いします。

はじめまして、コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きましたのでご確認ください。
よろしくお願いします。

Coco

Re: No title

マイさんへ

はじめまして、コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ