世界中どこに行っても「ワーホリで仕事を見つけるのが難しい」、ワケ。

私の友人の友人の日本人女性の話である。


彼女は去年の夏の終わりに、バンクーバーに到着し、ワーホリを開始した。

始めの約2か月は語学学校に通い、同時に日本食レストランで働いていた。

けれどカナダにいるのに英語をほとんど使わないその仕事が、彼女には不満だった。

バンクーバーのローカルのカフェで働きたかったので、語学学校を卒業する頃から何軒かのカフェにレジュメを持って行ったが、カフェで働くことはできなかった。

「バンクーバーで仕事見つけるのは難しいから、私引っ越すわ。」

ある日彼女は友達にそう言って、バンクーバーから北へ車で2時間ほどの町ウィスラーに移った。


彼女はウィスラーのローカルのレストランで働きたかったが、そこでも面接をパスすることができなかった。

代わりに彼女はホテルのハウスキーパーとして働くことになった。

しかし彼女は毎日ひたすらホテルの部屋を掃除して回るという仕事が、不満だった。

彼女はそこで束の間スノボやスキーをして楽しんだが、彼女の期待に反してそれも結構お金がかかったため(ウィスラーはリゾート地である)、仕方なくバンクーバーに戻ってきた。

しばらくして後、彼女はこう言った。

”私カルガリーに行くことに決めた。バンクーバーより日本人が少ないカルガリーなら、もっと仕事のチャンスがあるかもしれないから。”

そして彼女はバンクーバーから東へ、飛行機で1時間ちょっとの都市、カルガリーに引っ越した。


彼女はそこで何かオフィス職を得たかったが、それも叶わなかった。

代わりに、チャニーズレストランで皿洗いの職を得た。

しかしそこでも彼女は、毎日お皿を洗う仕事が、不満だった。


私の友達と彼女は、彼女がカルガリーに越した後も連絡を取っていた。

ある日、「私今度トロントに行くことにした。トロントはカナダで一番の都会なんだから、きっとここよりは仕事があるはずだから。」

彼女は友達にそう告げ、カルガリーからさらに東へ、飛行機で4時間近くかかるトロントに引っ越した。


トロントで彼女は韓国人ホームスティファミリーの元で、庭の手入れをする仕事を得たが、そこでも彼女は毎日花や木に水をやったり草を刈る仕事が、不満だった。


そうこうするうちに彼女のカナダ滞在資金は底をつき、彼女はワーホリの滞在期限1年を待たずして日本に帰るしかなくなった。

彼女がそれを私の友達に連絡してきたとき言ったのは、

「やっぱさー、ワーホリで働くっていっても、甘くないね。いやほんと、まさかこんな難しいとは思わなかった。なめてたわ。」

だったらしい。



・・・私がこの話を聞いて思い出したのは、
私の周りの人が時々言う、

「バンクーバーで英語を勉強したけど英語話せるようになってないから、次は○○○に行って英語を勉強する。」

という言葉である。
http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-434.html" target="_blank" title="世界中どこに行っても「結局英語が話せない」、ワケ。">世界中どこに行っても「結局英語が話せない」、ワケ。を参照。)


★★★★★

もともとの原因である「英語の勉強の仕方」を変えることなしに環境だけ変えても、英語が話せるようになるのは難しいのと同様に、
もともとの原因である「自分の英語」を変えることなしに環境だけ変えても、希望の仕事を見つけるというのは、それはなかなか難しいのではないだろうか。

自分を受け入れてくれる場所が見つかるまであっちこっち移動しても、自分自身が変わっていなければ状況は・・・変わらないだろう。

私にはその友達の友達は、自分の英語を変えずに、カナダを変えようとしているのではないかとすら思えた。


★★★★★

バンクーバーで生活する中で私が出会った日本人の友達の中には、
バンクーバーでいとも簡単に仕事を見つける人もいれば、
バンクーバーで1年過ごしても「カナダで仕事を見つけるのは難しい」と疲れた顔で嘆く人もいる。(http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-97.html" target="_blank" title="ESLで英語を学ぶということ。">ESLで英語を学ぶということ。を参照。)

・・・そのどちらもが、その人にとっての「現実」である。 (ワーホリして気づく、カナダ留学生の間に存在する「2つの世界」。

★★★★★

世界中どこに行っても「英語が話せない」と言う人がいるように、
世界中どこに行っても「ワーホリで仕事を見つけるのは難しい」と言う人が、いる。


 「毎日一生懸命、足を棒にしてレジュメ(履歴書)を落としてまわっているのに仕事が見つからない。」

仕事が見つからないおおもとの原因(自分がしたい仕事ができるだけの英語レベルに到達しているかどうか)を無視して手当たり次第にレジュメをばらまいても、うまくいかないから、疲れる。


・・・カナダを変えようとするよりも、まず自分の英語を変える方が、

たぶんずっと早いし、簡単である。




*お知らせ*
私がバンクーバーで個人で英語を習っていた先生が、Skypeで英語のレッスンと、ワーホリ/留学に関するカウンセリングもされています。
バンクーバーに住んでいる日本人カウンセラーの方もいらっしゃり、下の動画の中でJapanglish(=日本語と英語が混ざり、英語のカルチャーもsound(音)も抜け落ちてしまった英語。詳しくは日本語と英語が混ざった言語:【動画アリ】 「ESL英語」を話す留学生の、現実。を参照。) と English の両方を喋っているのがその方です。

どちらの動画も、前半に見ることができるのは「英語の単語だけで喋り、英語のカルチャーをスキップした英語」です。英語を話しているはずなのに、振る舞いや話し方、音=カルチャーは完全に”日本”になってしまっています。

動画の後半、「英語のカルチャーを理解した上で話す英語」との違いをご覧ください。


●JAPANGLISH vs English :1



●JAPANGLISH vs English :2



******

私がバンクーバーで個人で英語レッスンを受けた先生が、バンクーバーだけでなく、年に何回か日本や中国でもレッスンをされています。今夏からはフィリピンでもレッスンが始まります。

今年から、対面でのレッスンの他にSkypeでもレッスンをされています。

日本にいる間に受けることができるSkypeまたは対面でのレッスンでは、英語を伸ばすだけでなく、カナダ留学やワーホリのための無料カウンセリングも受けることができます。

Skypeまたは対面での、日本での継続的なレッスン&カウンセリングにより、カナダに渡る前に英語初心者を卒業、"RAW"の状態を卒業します。

現在の英語のレベルは関係ありません。

日本でのレッスン(Skype含む)も、私がバンクーバーで受けていたレッスンとまったく同じ方法を使って行われます。

先生のレッスンでは「暗記」はしません。 英語を「暗記」ではなく「経験」して学ぶので、一旦身につけたら一生忘れません。
私のように語学学校に通う必要は、ありません。

カナダに渡る前に、日本で時間をかけて準備をすることができるので、日本にいる間に英語初心者を卒業し、そうしてカナダでは短期間で英語を仕事でも通用するレベルに到達させ、カナダでの生活費はカナダで稼ぐ(そのための最低時給を上回る仕事もご紹介されるそうです)というのが目標の一つです。
(カナダで受けることができるレッスンには、カナダバンクーバーでの1対1での個人レッスンに、日本からの安い航空券を買うためのサポート、空港ピックアップ、ホームスティのサポート、バンクーバーのあるB.C州の最低賃金を上回る仕事のご紹介(カナダのカフェやレストランで働けば、英語は伸びる、のか? )や、レッスンの一環の旅行(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得)の割引などが含まれたコースがあるそうです。)

もし先生のレッスンを受けてみたいという方、
“王道”ではない留学/ワーホリをしたい方、
海外で”FOLLOW THE DUCK" になりたくないという方は、
ご連絡先を添えてコメント欄よりご一報下さい。携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。
(コメント入力者のメールアドレスはブログ上には表示されない設定となっています。)

既にご連絡を頂いている方で、もしも先生からのメールが未だ届いていないという方がいらっしゃったら、至急ご一報ください。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生へ直接お願いします。)


◆前回までの先生の日本でのレッスンの様子、また日本で先生のレッスンに参加された方達から頂いた感想はこちらの過去エントリをご覧ください。

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

> すみません、5日に書き込みさせてもらったんですが、
> 間違って携帯アドレスだったのでPC用を
> 貼っておきます(*_*)

ご連絡ありがとうございます。
再度メールをお送りさせて頂きましたのでご確認ください。
よろしくお願いします。

Coco

Re: はじめまして!

> はじめまして!!
> ブログ拝見させていただきました!
> 来年2月ごろからワーホリを考えているものです。
> 学校選びで迷ってたいた時にこのブログ読ませてもらいました!
> よければ先生のレッスンの
> 詳細をしりたいです!そしてぜひ受けてみたいとおもいます!
> お願いします。

はじめまして、コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

カナダから帰国して、現在は都内企業で英語を使って働いています。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「こんなのウソに決まってる、アリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになってますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ