バンクーバーで洗脳される前に知っておくべきこと、とは?

ワーホリでカナダに渡る前、私は10社以上の留学エージェントに相談をしたのだが、どこのどんなエージェントからも「最低3ヶ月は学校に通いましょう。」と言われた。

「でも私全然英語が話せないんですが。。 3ヶ月で英語が話せるようになるものなんでしょうか?」と聞くと、

「それはもちろん長く通えば通うほどいいですよ。英語は積み重ねですから。たくさん勉強すればするほど上手になりますよ。半年とか通う方も結構おられますよ。」と言われたので、

「半年ですか・・・。でも1年の期限のワーホリで半年の語学学校は長すぎるような気も。う~ん・・・。」と言ったら、

「ですから始めはまず3か月くらい通われて、足りなければ延長すればいいですよ。」

(人により多少言葉は違っても) 「学校は最低3か月。長く通えば通うほど良い。」と繰り返し言われ続けた。


エージェントに相談をする前には、語学学校には最低3か月行くものだなんて思ってもいなかったし、むしろ当時のワーホリ経験者たちのブログを読んでいて語学学校に行っても英語を話せるようになったという人がいなかったことから、あまり積極的に通いたいとも思っていなかったのだが、

でも他にどうしたらよいのかもわからなかった。

10人以上ものカウンセラ-の人たちから「語学学校は最低3か月は行きましょう。もちろん長く通えば通うほど良いです。」と言われ続けたら、いつの間にか私も「・・そんなものなのかな・・?」という気がするようになっていた。


今思い返しても、「語学学校には行かなくてもいいですよ」とか、「勉強する期間は短ければ短いほど良い」と言う人は、ただの一人もいなかった。

見事に全員が同じことを言っていた。


バンクーバーに到着すると、さっそく翌日だったかその翌々日から私は語学学校の体験授業を受けてまわることになった。

しかし正直私にはどこの語学学校も同じに見えた。

一つの教室に先生が一人いて、生徒たちが10~15人もいて、先生が授業時間の大半喋っており、生徒はほぼ聞く側に回る。

教科書を読んでノートに書いてワークの問題を解いて、時々聞き取りを行う。

日本の中学高校で受けていた英語の授業と違うのは、先生が(大体は)ネイティブイングリッシュスピーカーで、授業も英語で行われるという点のみ。

クラスメイトの多くはアジア人で、休み時間には英語ではなく、それぞれの母国語が飛び交う。

・・・

だから私はある日、体験授業を受けた学校のカウンセラ-の人に、「この学校が、他の学校と違う所は何ですか?」と聞いてみた。

そうしたら、「生徒さん達が和気あいあいとして、仲が良いところです。うちは一旦卒業されても、また勉強したいって言って再入学される方がよくいらっしゃるんですよ。」と、長く通う生徒がいることを教えられたのだが、
私にはその答えがナゾだった。

・・・それって、この学校は卒業しても英語が身に着かないのです、と言っているようなものではないか・・?と思った。


その後も「この学校に通うメリットは何なのか」を見つけるためにいくつもの語学学校の体験授業を受けたが、
私が思うような答えを得られる学校は見つけられず、そのうち「どこも一緒なんだから、早く決めちゃえばいいのに。」というプレッシャーを、エージェントの人からも学校について毎日聞いてくるホストファミリーからも、感じ始めた。


最終的に、私は自分が通う語学学校を、”雰囲気”で決めた。

それ以外に他の学校と違うかもと感じる点は・・・見つけられなかった。

そして何の疑問ももたず、「3ヶ月」で申し込んだ。


★★★★★★

私は結局、洗脳されていたのだなと思う。

「語学学校は最低3か月。長く通えば通うほど良い。」の他にも、自分がワーホリをしようと決めてから受けた洗脳には数々ある。

・英語は難しい。(なぜか誰も指摘しない、英語が「難しいもの」になってしまう原因。

・日本人が英語を話せるようになるのは難しい。(http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-378.html" target="_blank" title="「日本人が英語を話すのは難しい」、は大間違い。">「日本人が英語を話すのは難しい」、は大間違い。)

・10代のうちならまだしも、大人になって英語を習得するのは難しい。(英語が話せるようになるまでにかかる時間は、どのくらい?

・英語は何年も何年も長い時間をかけて勉強するものだ。(http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-406.html" target="_blank" title="英語の勉強の「終わりのなさ」の、正体。">英語の勉強の「終わりのなさ」の、正体。)

・できるだけ多くの教材を買って、できるだけ長く学校に行った方が良い。(英語が話せるようになるために、必要な教材とは?

・語学学校に行かないと、友達を作ることができない。(友達が雪だるま式に増えるバンクーバー

・英語の勉強とはすなわち、単語と文法の暗記であり、それ以外に方法などない。(英語を効果的に勉強する

・ワーホリではまず語学学校に行って、それからレストランやカフェなどで働くのが王道。(日本人が経験する、ワーホリの“王道”プランとは。



私がバンクーバーで実際にワーホリをしてわかったのは、これらはすべて「そうだと信じている人はその通りになる」。

ただそれだけのことだということである。



多くの人がそうしているからといって、それがいつも正しいとは限らない。

多くの人がそう言っているからといって、それがいつも正しいとは限らない。

多くの人がそうしているからと言って、自分もそうしなければならないということはない。


結局自分がワーホリで何をしたいのか、何を達成したいのか、何を信じるか。

今の自分のワーホリに満足している人もいない人も、すべては自分の選択の結果、なのである。




***オンライン説明会***
下の動画は、カナダに渡る前に、私がバンクーバーで個人で受けた英語のレッスンの先生のレッスンを日本で受けられ、バンクーバーではレッスンを2か月受けられた生徒さんから、現在ワーホリを考えておられる方へのアドバイスです。
<カナダへ留学・ワーホリを考えている方へ向けたオンライン説明会#12(ESLに行かずに友達を作るには)>


下の動画は、先生のレッスンの日本人カウンセラーであるEthanさんからの、英語に自信をつけるためのアドバイスです。
<カナダへ留学・ワーホリを考えている方へ向けたオンライン説明会#10(自分の英語に自信をつけるには)>


お二人ともバンクーバーで私が受けたのと同じレッスンを受けられました。
動画はこれからカナダに渡ろうと考えておられる方に有益と判断し、掲載を許可させて頂きました。
カナダで実際に生活をしたからこそわかるリアルな声であり、私もまったく同意見です。


(ここから下の動画は、過去エントリにも掲載しています。)
ネイティブイングリッシュスピーカーが「英語のアクセントと話し方(=英語のカルチャー)で話す日本語」がどれほど不自然か、そしてそれが「日本語の音と話し方、カルチャーを身に着けた上で話す日本語」とどう違うのか、ご覧ください。


日本人が「日本語のアクセントと話し方(=日本のカルチャー)で話す英語」がどれほど不自然か、そしてそれが「英語の音と話し方、カルチャーを身に着けた上で話す英語」にどう変わるのか、ご覧ください。





***お知らせ***

私がバンクーバーで個人で英語レッスンを受けた先生が、現在バンクーバーだけでなく、年に何回か日本や中国でもレッスンをされています。今夏からはフィリピンでもレッスンが始まります。
今年はあと2回ほど来日の予定があるそうです。
また今年から、対面でのレッスンの他にSkypeでもレッスンをされています。

日本にいる間に受けることができるSkypeまたは対面でのレッスンでは、英語を伸ばすだけでなく、カナダ留学やワーホリのためのカウンセリングも受けることができます。


上の動画に関連して、「クイズ」を読んで頂き、(1)お名前 (2)解答 (3)受講されたいレッスンのコースを添えて先生の方へメールがSkypeでご連絡頂くと、全問正解された方はレッスン料の割引を受けることができるそうです。
「クイズ」は誰も教えてくれない、「ESL」の本当の意味。の、動画の下にあります。


***

先生のレッスンではSkypeまたは対面での、日本での継続的なレッスン&カウンセリングにより、カナダに渡る前に英語初心者を卒業、"RAW"の状態を卒業します。
現在の英語のレベルは関係ありません。

日本でのレッスン(Skype含む)も、私がバンクーバーで受けていたレッスンとまったく同じ方法を使って行われます。

先生のレッスンでは「暗記」はしません。 英語を「暗記」ではなく「経験」して学ぶので、一旦身につけたら一生忘れません。私のように語学学校に通う必要も、ありません。

カナダに渡る前に、日本で時間をかけて準備をすることができるので、日本にいる間に英語初心者を卒業し、そうしてカナダでは短期間で英語を仕事でも通用するレベルに到達させ、カナダでの生活費はカナダで稼ぐ(そのための最低時給を上回る仕事もご紹介されるそうです)というのが目標の一つです。
(カナダで受けることができるレッスンには、カナダバンクーバーでの1対1での個人レッスンに、日本からの安い航空券を買うためのサポート、空港ピックアップ、ホームスティのサポート、バンクーバーのあるB.C州の最低賃金を上回る仕事のご紹介(カナダのカフェやレストランで働けば、英語は伸びる、のか? )や、レッスンの一環の旅行(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得)の割引などが含まれたコースがあるそうです。)

もし先生のレッスンを受けてみたいという方、
“王道”ではない留学/ワーホリをしたい方、
海外で”FOLLOW THE DUCK" になりたくないという方は、
ご連絡先を添えてコメント欄よりご一報下さい。携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。
(コメント入力者のメールアドレスはブログ上には表示されない設定となっています。)

去年も行われたレッスン費用の大幅割引キャンペーンは、今年も12月から期間限定で始まるそうです。


8月にコメントを頂いた方にお送りしたメールの中に、いくつか届かなかったものがあるようです。コメントをしたのに私からのメールが未だ来ていないという方がいらっしゃったら、至急ご一報ください。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生へ直接お願いします。)


    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

コメント

Re: はじめまして^^

> こんにちは^^
> 私は今オーストラリアでワーホリをしている者です。
> 約3ヶ月間語学学校に通い、今はファームステイをしていてます。オーストラリアに来てからはもうすぐ5ヶ月が経ちます。相変わらず自分の英語力に自信が持てず、このまま1年が終わってしまうんじゃないかという不安しかありません。
> お金を貯めてもう一度語学学校に行こうかと考えていたところ、Cocoさんのブログにたどり着きました。
> 質問なんですが、skypeでのレッスンは日本かカナダからでないとできないのでしょうか?オーストラリアからは可能でしょうか?また、費用などはどのくらいかかるのでしょうか?
> 質問ばかりですみません><


はじめまして。
コメントありがとうございます。

メールをお送りさせて頂きました。
Coco

Re: はじめまして

> Cocoさん
>
> すみません、上に「プライベートコメントを受け付けてもらえないです」とコメントを残した者ですが、たぶんこのやり方で大丈夫だったようですね。
>
> 身をもって体験されたCocoさんのブログ、とてもリアルで、なるほど!とよい衝撃をうける反面、まさに”日本人王道ワーホリ”を辿ってきた私は身につまされる思いでもあります。
>
> 現在ワーホリでイギリスにいるのですが、このまま残りの期間ここに残って、自分のやり方で英語を勉強していても何も変わらない気がし、ご紹介されている先生のレッスンに興味を持ちました。
> レッスン内容、カナダへのワーホリなどご相談させていただきたいと思うのですが、少し複雑な状況なので、出来れば最初はカウンセラーの方とお話したいのですが、可能でしょうか?
>
> ご連絡お待ちしております。

初めまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

Re: No title

> はじめまして。4月にワーホリでカナダ入りしましたが、学校にも通わずすぐに仕事を始めました。全く英語が伸びずに帰国を迎えそうでこわいです。
> レッスンにすごく興味があり、ぜひ紹介していただきたいです。
> よろしくお願いします。

はじめまして。
コメントありがとうございます。
メールをお送りさせて頂きました。

Coco

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ