カナダで生活して気づいた、日本人が自分で自分を英語を話せなくしている原因、とは?

ワーホリでカナダに渡る前、私は母親から「カナダに行っても日本人らしさを忘れないようにね。」と言われた。

最近よく思う。

”日本人らしさ”って、一体何なのだろうか?と。


日本人または外国人から見た「一般的な日本人のイメージ」というのは、たしかにあると思う。

ざっと思いつくだけでも、
礼儀正しい・ハードワーカー・時間に正確・約束を守る・おとなしくて従順・食事が健康的・英語が下手・自己主張が苦手・・・などなど。

でも別に自分が日本人だからって、「一般的な日本人のイメージ」通りの言動をしなければならないなんて決まりはないし、その「一般的なイメージ」に反する言動をとったところで、自分が日本人でなくなってしまうなんてことも、ありえない。

・・・だから「自分は日本人だから、こうしなきゃいけない」と、自分で自分の言葉遣いや振る舞いに制限をかけることは、自分で自分を日本のカルチャーの箱の外に出ることを難しくするだけではないだろうか??(英語を身につけたいなら、Get out of the box!を参照。)


カナダにいても”日本人らしくいなければならない”から、

どんなことがあってもドタキャンをしてはいけない(海外で期待される「日本人のイメージ」への困惑。)とか、

”you guys”を使ってもいけない「自分は英語が話せない」と思っている人の、心の中にあるもの、とは?とか、

なんかそれって窮屈だと思うのは・・・私だけだろうか。

★★★★★

バンクーバーには親日的な人が多いとは思うが(英語を話す時と日本語を話す時の精神年齢は同じ?)が、日本のことなんてまったく知らない人、興味がない人だって当然いる。

例えば下記は私がこれまでに日本について受けた質問の一部。

”日本語と中国語と韓国語って違うの?”(私に会うまで日本語と中国語と韓国語はまったく同じ一つの言語と信じていたらしい)

”facebookは日本では使えるの?”

”日本て民主主義の国なの?”

”日本にもショッピングモールってあるの?”

”日本の独立記念日っていつ?”

”Tokyoって、何??”
  
   ・
   ・
   ・


★★★★★


Tokyoを知らないと言われたときにはさすがに驚いたが(ちなみにこれを聞いてきたのはインド人の大学生で、Tokyoは知らなくてもHiroshimaとNagasakiについてはよく知っていたのにはさらに驚いた)、
いくらインターネットが発達し、情報が氾濫する社会になったとは言え、
自分が思っているほど外国人は日本のことを知らないし、
私が彼らの国について知っているわけでもない。

結局人は自分が興味のあることしか知ることはできない。

(だから日本の歴史や地理は全然知らなくても、日本のアニメとか、成人映画、成人映画の女優についてはびっくりするくらい詳しいということも、よくある。→http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-364.html">海外で「日本人女性が人気」、な理由。)

★★★★★


外国語を学ぶということは、単に単語や文法を覚えさえすればよいというわけではなく、その言語の世界で暮らす人々がもつ考え方や価値観・振る舞い(=カルチャー)をも身に着けるということである。

だから母国語とは違う言語を話すときには、母国語とは違うカルチャーを、選んで、身に着ける必要がある。


初対面で、とくに必要性もないのに突然一人一人に年齢を聞き始めた年上のカナダ人男性に、
私は"I'm younger than your mother!"(あなたのお母さんよりは若いです!)と言ったことがある(http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-205.html">痴漢男もカルチャーで撃退。)が、
もしこれが日本で、日本人から日本語で聞かれていたとしたら・・・
私がこういう答え方をすることはまずなかっただろうと思う。


英語を話すときには、私は日本語を話すときとは違う考え方と言動をしばしばしている。


別にカナダ人がしていることを、なんでもかんでも無条件に取り入れればよいというわけではなく(だからカナダ人がマリファナを吸うからといって自分も吸わなくてはいけないとかいうわけでも全然なく)、
まずは自分が学ぼうとしている言語を話す人々がもつカルチャーを理解することが必要なのである。

そしてその中から、自分が好きなものを選んで身につけて、
さらにそれを自分の祖国や他の国々に行っても応用して使っていけるようにすること。

つまり、時と場合に応じて、カルチャーを自由に使い分けることができるようになること。(http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-187.html">異文化適応の最後のステップを参照。)

そうなると、自分が既にhttp://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-161.html">箱の”外”に出ていることを実感できるはずである。



************

以前「自分は英語が話せない」と思っている人の、心の中にあるもの、とは?でご紹介した、私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生と、先生のレッスンを受けることを希望されているMさんとの後日のSkype会話の一部をご紹介させていただきます。

[2014/9/1 14:50:05] Mさん: Hi Matt.How are you today? Sorry I've never asked you what you wanted to talk to me. I understand why I cannot understand the conversation between us is because I don't understand your culture. And I'll ask you this time, what did you want to talk to me about? Im sorry if it's not the point you want to say.(こんにちは。すみませんあなたが何をお話したいのかお尋ねなかったですね。私たちの会話が理解できないのは私があなたの
カルチャーを理解していないからなのだと思います。なので今回はお尋ねします。何についてお話したかったのですか?)
[2014/9/1 14:51:32] 先生: (y) (y) (y) (y) (y) (y) (y) (yesを表す絵文字)
[2014/9/1 14:52:27] 先生: M, no problem! If you are available in 30min. I will be more than happy to talk to you on skype! I am driving a car at the moment! So sorry about that I will text you in 30min., if you please!
(Mさん、大丈夫です。30分後にSkypeでお話しできますか?今運転中なのです。申し訳ないのですが30分後にメッセージをお送りしてもよいですか?)
[2014/9/1 14:54:16] Mさん: Okay, That's fine.Be careful!(了解しました。お気をつけて。)

[2014/9/1 16:57:11] Mさん: Are you okay? (大丈夫ですか?)
[2014/9/1 19:08:39] 先生: I got stuck in traffic jam forever!!!(渋滞にはまってしまいました!)
[2014/9/1 19:08:45] 先生: I am so sorry for being soooooooooooooo late(遅くなってしまってすみません)
[2014/9/1 19:08:56] 先生: are you still available online M???(まだお時間ありますか、Mさん?)
[2014/9/1 19:24:45] Mさん: Yes. It's good thing to hear you're alright(はい。あなたが無事でよかったです。)
[2014/9/1 19:25:11] 先生: OK, do you still have a bit of time to write shortly?(okです。お話しする時間がまだおありですか?)
[2014/9/1 19:25:39] Mさん: Yes(はい)
[2014/9/1 19:28:12] 先生: ok, great!(よかったです!)
[2014/9/1 19:28:28] 先生: hear i go shortly and to the point not to lose your time any more!(それではMさんのお時間をこれ以上奪わないよう、私から手短にお話しさせて頂きます。)
[2014/9/1 19:28:44] 先生: i wanted to mention last time two things for you!(前回私はあなたに2つのことをお伝えしたかったのです)
[2014/9/1 19:28:54] 先生: 1) your open mind - KOKORO GA HIRAKU(1)open mindー心が開く)
[2014/9/1 19:29:20] 先生: 2) psycho-linguistics - SHINRI GENGO KAGAKU (2)psycho-linguisticsー心理言語科学)
[2014/9/1 19:29:22] 先生: -------------
[2014/9/1 19:29:45] 先生: that was my point of our last time conversation, thats why i texted you in the very first place!(これが前回の私たちの会話でのポイントであり、だからこそ私はあなたへ以前最初にtext messageをお送りしたのです)
[2014/9/1 19:30:08] Mさん: Okay(ok)
[2014/9/1 19:38:43] 先生: well, 1) i think you are open minded person after last time talking to you and the first time talking to you!(1)最初にtextでの会話、そして前回の会話から、私はあなたはオープンマインドな方だと思います)
[2014/9/1 19:38:53] 先生: well, most of the students they see only PROBLEM(多くの留学生が理解しているのは、そこに問題があるということだけです)
[2014/9/1 19:39:01] 先生: well, you see PROBLEM(あなたは、問題があるということをわかっています)
[2014/9/1 19:39:08] 先生: you see REACTION(あなたはそれに対して反応もしています)
[2014/9/1 19:39:35] 先生: but you dont see last important part SOLUTION, however, you know you need some other SOLUTION.(でもあなたは最後の重要な点、解決策をもっていません。しかしながら、あなたは自身に何らかの解決策が必要なことを知っています)
[2014/9/1 19:39:58] 先生: So last time I noticed that there is a big difference between you and most students from Japan who study english abroad!!(前回、私はあなたと多くの日本からの留学生との間には大きな違いがあるということに気が付きました!)
[2014/9/1 19:40:09] 先生: M, thats very good for your case!!!!(Mさん、これはあなたにとってとても良いことです)
[2014/9/1 19:40:24] 先生: the more open minded you are the less you need to study to improve your english faster!!!!(あなたがオープンマインドであればあるほど、英語を早く伸ばすための勉強は少なくて済むのです!)
[2014/9/1 19:40:28] 先生: -------------------------------------------------------------------------------------------------
[2014/9/1 19:41:15] Mさん: Wow... (わお・・)
[2014/9/1 19:41:54] Mさん: More open minded!?(オープンマインドであればあるほど?!)
[2014/9/1 19:43:00] 先生: yes!(そうです)
[2014/9/1 19:43:37] 先生: let me tell you three important secrets why movie stars in Japan and govenrment officals speak great english and people like you cannot!(なぜ日本の映画俳優や日本の政府官僚が上手に英語を話すのに、あなたは話せないのか、3つの秘密をお話ししましょう)
[2014/9/1 19:44:27] 先生: Being born or raised in USA< UK is not the point! I know a lot of japanese who live in USA and Canada or Australia for many years, and their english sucks even after 20years!(アメリカやイギリスで生まれたとか育ったということは関係ありません。アメリカやカナダやオーストラリアに20年住んでも英語が話せない日本人を、私はたくさん知っています)
[2014/9/1 19:44:33] 先生: anyhow:(とにかく)
[2014/9/1 19:44:54] 先生: 1) get out of the culture box!(1)箱の外に出ること)
[2014/9/1 19:45:10] 先生: 2) realize about culture is to borrow not to have!(2)カルチャーとは借りるものであり所有するものではないと気づくこと)
[2014/9/1 19:45:28] 先生: 3) completely change fast learning system of studying english!(3)英語を学ぶための学習システムを変えること)
[2014/9/1 19:45:31] 先生: --------------------------------------
[2014/9/1 19:45:48] 先生: again classic JP mistakes about above three points!(上の3つの点について、日本人留学生の典型的なミスをもう一度申し上げます)
[2014/9/1 19:46:18] 先生: JP 1) japanese studying english abroad ALWAYS hold to BUT I AM JAPANESE!(日本人留学生のミス1:海外で英語を学んでいるにも関わらず、常に「でも私は日本人だから」と思っていること)
[2014/9/1 19:46:49] 先生: JP 2) japanese abroad always ignore other culture ( for example ) they believe only Japan has keigo!(日本人留学生のミス2:海外にいるにも関わらず、自分以外のカルチャーを無視していること。例えば、敬語があるのは日本語だけだと思っていたりします)
[2014/9/1 19:47:43] 先生: JP 3) japanese abroad always study english the same way like in JUKU or EIKAIWA in Japan, so i am asking why do you go abroad, if you even abroad you want to repeat japanese way???(日本人留学生のミス3:海外にいるにも関わらず、日本の塾や英会話と同じ英語の勉強の仕方をしていること。海外に行っても変わらず日本式英語学習を繰り返したいのであれば、それならなぜ海外へ行くのか、私はいつも不思議です)
[2014/9/1 19:47:51] 先生: -------------
[2014/9/1 19:48:38] 先生: JAPANESE movie stars, business CEO, high level government, high level JPOP stars DONT EVER STUDY ENGLISH LIKE YOU DO!!!(日本人の映画俳優、会社社長、政府高官、有名ミュージシャンたちはあなたがされているような英語の勉強をしていません)
[2014/9/1 19:49:11] 先生: that is exactly what i wanted to tell you last time, but you didnt want to listen to me......because you were focus to much on JP 1,2,3.(前回私はこれをあなたにお話したかったのですが、あなたはあまりご興味がない様子でした。。あなたは日本人留学生のミス1~3についてよりご興味がある様子でした)
[2014/9/1 19:49:22] 先生: So i am really glad we can talk now!(ですので今またお話しすることができてうれしいです)
[2014/9/1 19:49:32] 先生: thank you, indeed M! (ありがとうございますMさん)
[2014/9/1 19:49:41] 先生: (bow)(bow)(bow) (お辞儀を表す絵文字)


*****お知らせ*****

私がバンクーバーで個人で英語を習った先生が、現在バンクーバーだけでなく、年に何回か日本や中国でもレッスンをされています。先生の次の来日まであと一週間を切りました。


バンクーバーには私が習った先生の他にも先生がおられます。今年は他のカナダ人の先生方も一緒に来日をされる予定だそうです。(先生の来日が9月ではなく10月となったことから、フィリピンでのレッスンの開始も10月となるそうです。)

英語を使って働く、旅行する、友達を作る、海外でしかできないことをする。
そのために
海外に渡る前に準備しておくべきこと、
日本語と英語のカルチャーとは何か、
時間をかけずに英語が話せるようには具体的に何をどうすればよいのか、
英語のレッスンの一環で旅行に行くとは、どういうことなのか、
王道のカナダワーホリ/留学にしないためにすべきこととは、何か?

日本語を交え日本で直接先生とOliviaさんがご説明し、アドバイスを差し上げます。

何も準備をせず、何もわからず、英語も話せないままにカナダに渡る・・のではなく、石橋を叩いてからカナダに渡ることができます。

*******
先生のレッスンは今年からSkypeでも行われています。
Skype及び対面での、カナダに渡る前の継続的なレッスン&カウンセリングにより、カナダに渡る前に英語初心者を卒業、"RAW"の状態を卒業します。

現在の英語のレベルは関係ありません。

日本でのレッスン(Skype含む)も、私がバンクーバーで受けていたレッスンとまったく同じ方法を使って行われます。

先生のレッスンでは「暗記」はしません。 英語を「暗記」ではなく「経験」して学ぶので、一旦身につけたら一生忘れません。語学学校に通う必要も、ありません。

カナダに渡る前に、日本で時間をかけて準備をし、日本にいる間に英語初心者を卒業し、そうしてカナダでは短期間で英語を仕事でも通用するレベルに到達させ、カナダでの生活費はカナダで稼ぐ(そのための最低時給を上回る仕事もご紹介されるそうです)というのが目標の一つです。
(カナダで受けることができるレッスンには、カナダバンクーバーでの1対1での個人レッスンに、日本からの安い航空券を買うためのサポート、空港ピックアップ、ホームスティのサポート、バンクーバーのあるB.C州の最低賃金を上回る仕事のご紹介(カナダのカフェやレストランで働けば、英語は伸びる、のか? )や、レッスンの一環の旅行(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得)の割引などが含まれたコースがあるそうです。)

日本での説明会への参加を希望される方、
先生のレッスンを受けてみたいという方、
“王道”ではない留学/ワーホリをしたい方、
海外で”FOLLOW THE DUCK" になりたくないという方は、
メールアドレスとSkypeIDをご明記の上コメント欄よりご一報下さい。
先生かOliviaさんへ直接ご連絡していただくこともできます。

携帯のアドレスだと、パソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。

またこれまでにご連絡先をお知らせ頂いているにも関わらず先生からのメールが届いていない方がおられましたら至急ご一報ください。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生へ直接お願いします。)


    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

コメント

Re: 再度申し訳ありません。

> 先日コメントした者です。
> 何度も申し訳ありません。
> 以前コメントした際に、返信メールが来なかったので正しくコメントを送ることが出来たか不安になり、もう一度コメントしました。
>
> 今、留学中なのですがネイティブの方と話すときに恐怖感があり、こちらのブログを読んで、先生のレッスンを受ければ答えが見つかるのではないかと思いました。
>
> 自分では解決策を見つけるのは難しいので、先生のレッスンを是非受けてみたいと思っています。
>
> なのでお手数ですが、もしよろしければ説明会に関する情報か先生の連絡先を教えて頂けないでしょか。
> よろしくお願いします。

はじめまして、コメントありがとうございます。
メールをお送りさせていただきました。

Coco
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

カナダから帰国して、現在は都内企業で英語を使って働いています。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「こんなのウソに決まってる、アリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになってますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ