日本人が経験する、ワーホリの“王道”プランとは?:3

日本人が取得できるカナダワーホリ(ワーキングホリデー)のビザは、カナダに最長1年間の長期滞在ができ、就労、旅行、学習・・・カナダで何でも自分がしたいことができるという、自由度の高いビザである。

日本で生まれて育った人が日本で何か「してみたい」と思うことを見つけた時に「自分の日本語は十分かどうか?」なんて考えることは、まずないと思う。
でもワーホリで人生で初めての海外生活を始めた私は間もなく、カナダでは何か「してみたい」と思うことがあっても、まず「自分が英語でそれができるかどうかを考えなくてはならない」という現実に、打ちのめされた。

日本で生まれて育った人が日本で何か仕事をしようとするときには、普通はまず自分の興味のあること、自分の経歴や専門分野・スキルをもとに、どんな仕事をするかを考えるはず。

でもカナダでは、「とにかく自分の英語力でもできそうな仕事」の中から、興味がもてそうな仕事を探すしかない。

日本で生まれて育った私には、日本で自分が「してみたい」ことを考えた時に、「言語(自分の日本語)」がそれを制限することなど、一度もなかったが、
英語圏の国であるカナダで、自分が「したいこと」をできるかどうかは、「言語(自分の英語)」に大きく制限されるのであった。

バンクーバーで語学学校に通っていたとき、クラスメイトが時々”こういう仕事があるけど、どう?”と教えてくれることがあったが、それはやはりどれも日本語を使う飲食店での仕事であった。

自分の周囲を見回しても、自分の日本での経歴や専門分野とは関係ない仕事をカナダでしている人がほとんどで、語学学校で知り合った、日本では多くの人が羨むような経歴をもつ人でも、カナダでは自身の経歴とはまったく関係ない仕事(レストランのサーバー)をしていた。

でも現実問題、カナダで生活するためのお金が不足していれば、自分がその仕事に興味があるかどうかなんて二の次にもなる。
「言葉の壁」のために、日本ではまずしてみたいと積極的には思わない仕事を、カナダではするしかなかったりする。
"ガイジン"でかつ言葉も不自由なワーホリが、低賃金で働いているのは当たり前」という現地の空気もある。

日本で貯金してきたお金はあっという間に減っていき、働いて稼ごうにも、自分の選択肢にはバンクーバーの最低時給の仕事しかない。
そうなると、休日もなるべく外に出ないようにしたり、友達とランチに行くにも躊躇したり。
「自分がカナダでしたいこと」よりも、「お金をどう守るか」ということに、神経を集中せざるを得ない。

一方、バンクーバーでワーホリをしている日本人の中にも、
バンクーバーの最低時給ではない仕事を軽々と手に入れる人もいれば、
カナダの企業で管理業務に携わっている人もいれば、
「時給20ドル近い仕事のオファーを受けてバンクーバーから引っ越しをすべきか、でもバンクーバーには仲の良いカナダ人の友達がたくさんいるので別れるのが辛い・・」なんていうのが目下の悩みだったりする人も、いる。

★★★★★

誰が考えたのか知らないが、
①何はともあれまずは語学学校。

②学校に使ったお金を取り戻すべく、また旅行代を貯めるべく、レストランやカフェでバイト。

③カナダやアメリカを旅行。

④とは言えたった1年で英語が話せるようになるのは相当「難しい」ので、英語が話せないかわりに「せめて」TOEICは・・・ということで、帰国前の1~2ヶ月はまた「勉強」してTOEICを受験。

⑤帰国。
というのが日本人のワーホリの”王道”。(日本人が経験する、ワーホリの“王道”プランとは。を参照。)

でもそんな似たり寄ったりの、”お仕着せのワーホリ”に盲目的に従うのではなく、
カナダで英語を学ぶのに学校以外の選択肢があってもいいはずだし、
カナダのレストランやカフェではない所で働く日本人のワーホリがもっとたくさんいたっていいはずだし、
カナダに1年暮らして得たことの証明が履歴書に書かれるTOEICの点数に終わるのではなく、例えばカナダでの就業経験だったら。
・・・そもそもTOEICの点数が必要になるだろうか。


カナダのワーキングホリデーのビザは、日本人である一定の条件を満たしている人であれば、誰でも手に入れられる。

けど、単にカナダ行きの航空券を買いさえすれば英語が自動的に伸びていくわけではないように、
ワーホリのビザを手に入れさえすれば自動的にカナダで自分がしたいことができる程度に英語を使いこなせるようになるわけでも、ない。

だからカナダに着いて、たとえワーホリのビザを持っていたって、実際には言語に、自分がしてみたいこと・挑戦してみたいことを制限されることになる。

カナダでどれだけ短い期間で自分が「したいこと」をするに十分なレベルの英語にもっていくことができるか。
それが「カナダで自分がしたいワーホリ」をする鍵になる。

<関連エントリ:
http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-434.html" target="_blank" title="世界中どこに行っても「結局英語が話せない」、ワケ。">、
ワーホリを始める前に「しておけばよかった」と思うこと。


************
私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生と、先生のレッスンを受けることを希望されているHさんとのSkypeでの会話をご紹介させて頂きます。

[1:56:44] Hさん: Sorry,I'm working here..So I cannot reply immediately.. (すみません、今仕事中なのですぐに返事ができないのです)
[1:57:30] 先生: ok, no worries. I am working too, we all work, dont we! (chuckle)(大丈夫です。私も同じく仕事中です) 
[2:05:45] Hさん: Yes,of course. I'm not a NEET now!haha (そうですよね。私は今ニートじゃないんです。ははは)
[2:05:56] Hさん: Its lunch time now (お昼の休憩になりました)
[2:06:01] 先生: ???
[2:06:02] 先生: ??
[2:06:03] 先生: ?
[2:06:10] 先生: ok, no problem! (わかりました)
[2:06:11] Hさん: :)  (スマイルを表す英語の絵文字。)
[2:06:19] 先生: So what is your point after all? (あなたのご質問の要点を教えていただけますか?)
[2:06:40] Hさん: Ah,yes.. (はい、ええと。。)
[2:07:08] 先生: hahaahhahahaahaa (ははは)
[2:08:28] Hさん: I wanna join your program. But I will go there in next year,can I apply it?? (あなたのプログラムに参加したいのですが、私はカナダには来年渡る予定なのです。それでも申し込むことはできますか?)
[2:08:49] 先生: there are many students who think the same way! (あなたと同じように考えておられる方がたくさんおられます)
[2:09:05] 先生: the question is do you want to pay more or less next year? (問題は、来年高い費用を払うのと安い費用を払うのとどちらがよいですか?ということなのです)
[2:09:07] 先生: simple (シンプルなことです)
[2:09:53] Hさん: Of course LESS!!!;p (もちろん安い方です!)(舌を出した絵文字((顔を左に傾けてご覧ください))
[2:10:16] 先生: well, then of course you need to prepare earlier not to wait till next year! (であればもちろん来年まで待たずに早いうちから準備をされた方が良いです)
[2:10:31] Hさん: Okay.. (わかりました。。)
[2:10:35] 先生: this is how it work, how 90% of students prepare to safe money and pay less next year! (どうやって90%の生徒さんたちがお金を節約して来年安い費用をお支払されるのか、仕組みはこうです)
[2:11:26] 先生: So most of the students who have plans for next year they answer our movie-quiz on coco blog. and if they answer it correctly, then you can get 2014 Dec. promotion discount.(来年カナダに渡る予定がある生徒さんの大多数はCocoのブログに載っている動画クイズに挑戦します。そして全問正解すると、2014年年末キャンペーンの割引が得られるのです)
[2:11:35] 先生: 1) pass the movie - quiz ( easy) (1)動画クイズに正解してください)(クイズは簡単です)
[2:11:41] 先生: 2) get the promotion (2)キャンペーン価格をゲットしてください)
[2:11:50] 先生: 3) pay the lower fees of the promotion (3)キャンペーンで割引された費用をお支払いください)
[2:12:13] 先生: 4) relax and choose when you would like to join in 2015 next year using 2014 dec. promotion. (4)リラックスして、2014年年末のキャンペーンを使って来年2015年のいつからご参加されたいか、お選びください)
[2:12:23] 先生: that is what 90% students are rushing for now! (これが90%の生徒さんたちが今急いでされていることです)
[2:12:32] 先生: Do you understand how it works? (仕組みがご理解いただけましたか?)
[2:13:25] Hさん: All right,so I need to check coco blog!! (わかりました、私はCocoさんのブログをチェックする必要があるんですね)
[2:14:41] Hさん: Promotion is what you do in japan october 12??(キャンペーンというのは日本で10月12日の説明会であるんですよね?)
[2:15:04] 先生: exactly! and you need to not miss the promotion! because otherwise, if you will wait till the end of Dec. or next year it will be more expensive!(その通りです。キャンペーンを逃しませんように。なぜならもし12月末や来年まで待たれると、費用が高くなってしまうからです)
[2:15:12] 先生: H,  (Hさん、)
[2:15:42] Hさん: OMG. (そうなんですね)
[2:15:56] 先生: no, no, not exactly. It is not "me" but our program. there is the whole team of people working in the program who are from both Japan and Canada who try to help students like you! (ちなみにちょっと違います。私がどうこうなのではなく、私たちのプログラムの問題なのです。このプログラムにはあなたのような生徒さんたちを助けるためにチームとして働いておられる日本人とカナダ人がいるのです)
[2:16:10] Hさん: Unfortunately,I live in Nagasaki..(残念ながら私は長崎に住んでいるんです。。)
[2:16:22] 先生: Promotion is always the peak time in Dec!(キャンペーンは常に12月の最も多忙な時期です)
[2:16:55] 先生: but we have limited amount of seats we accept people for ! So students are applying for it as soon as OCT. even now!(でも私たちは限られた人数しかキャンペーンで受付をすることができません。よって生徒さんたちは10月になるやいなや申し込まれています)
[2:17:04] Hさん: Oh,nice^^ (それはナイスですね)
[2:17:11] 先生: that is why I am suggesting dont wait till next year! (よって私は来年まで待たれるべきではないと申し上げているのです)
[2:17:15] 先生: Do you understand? (おわかりいただけましたか?)
[2:18:08] Hさん: But It will be in Tokyo,isn't it?? (でもキャンペーンは東京であるんですよね?)
[2:18:13] 先生: We have students applying from across of all the islands of Japan: Ehime, Shizuoka, Kagoshima, Saga, Nagasaki, Matsue,Tokyo, Kyoto, Osaka, Sendai, Naha! (生徒さんたちは日本中から申し込みをされています。愛媛、静岡、鹿児島、佐賀、長崎、松江、東京、京都、大阪、仙台、那覇)
[2:18:15] 先生: All!!!! (色々な所から申し込まれています)
[2:18:44] Hさん: Oh,really! (えっそうなんですか)
[2:18:55] 先生: So it doesnt matter where you live in Japan as long as you can do the movie-quiz, and join, you can get support with our program and get ready to come to Canada in 2015 as well!(あなたが動画クイズをパスすることができる限り、どこに住まれているかは関係ないのです。動画クイズをパスしてください、そうすれば私たちのプログラムでサポートを受けて頂け、2015年にカナダに来られる準備を始められることもできるのです)
[2:19:31] Hさん: Okay! That is awsome!!(わかりました、それは素晴らしいです)
[2:20:14] 先生: Do you understand now how to join us and safe time and money for 2015?(どのように私たちのプログラムに参加され、来年に向けてどのように時間とお金を節約することができるのか、おわかりになりましたか?)
[2:21:50] Hさん: Challenge the quiz immediately?? (直ちに動画クイズに挑戦すればいいのですよね?)
[2:21:59] 先生: Ok, great! So please enjoy your lunch and later on after the lunch when you have time talk to Coco and
she will advise you how to do the movie - quiz. Once you will pass it, we will be able to accept you for a promotion now,and give you support so you can come to Canada cheaper in 2015. OK? Have a great day! I will be waiting for your positive answer for the movie-quiz!(大正解です。それではランチをお楽しみください。そのあとお時間があるときにCocoに動画クイズについてお尋ねください。動画クイズにパスされ次第、私たちはキャンペーンへのあなたのお申し込みを受付させていただきます。私たちもあなたをサポートして差し上げられるようになります。そしてあなたはカナダに来年割引後の安い費用でいらっしゃることができます。ご理解いただけましたか? それでは、良い一日を。あなたからの動画クイズについての前向きなお返事をお待ちしております)


*****お知らせ*****

私がバンクーバーで個人で英語を習った先生が、現在バンクーバーだけでなく、年に何回か日本や中国でもレッスンをされています。10月には東京・京都・福岡での説明会を予定されています。
先生と、その先生のレッスンを日本とバンクーバーで受けられた元生徒さんのOliviaさんが、10月11日(土)と13日(月)に、東京と京都で説明会を開催されます。

説明会開催直前となりましたので、説明会への参加を希望される方は、OliviaさんへメールかSkypeで直接ご連絡をお願いします。
Oliviaさんの
・メールアドレスはolivia.jpca<あっと>gmail.com(注:送信の際には<あっと>を@に変えてください)
・SkypeIDはmake_hay_while_the_sun_shines
です。

*説明会への参加は無料です。
*今既にレッスンを受けられておられる方も受けられていない方も参加できます。
*詳しい日時と場所についてはOliviaさんからご連絡させて頂きます。

カナダで英語を使って、自分がしたい仕事をするためには何が必要なのか。
日本語を交え日本で直接、先生とOliviaさんがご説明し、アドバイスを差し上げます。


**********

先生の、今日本におられカナダへのワーホリ・留学を予定している方へ向けたレッスンでは、
何も準備をせず、何もわからず、英語も話せないままにカナダに渡る・・のではなく、<石橋三回システム>により、石橋を叩いてからカナダに渡ることができるようになっています。

<石橋三回システム>とは・・・

<一回>海外に渡る前日本にいる間に、日本での説明会に参加できます。・・・今月東京・京都・福岡で開催です。東京と京都は10月11日(土)と13日(月)に開催されます。

<二回>海外に渡る前日本にいる間に、日本とバンクーバーで先生のレッスンを受けられ、この度帰国をされた日本人の元生徒さんのメンター、Oliviaさんから個別アドバイスがもらえます。・・・レッスンに関すること、バンクーバーの生活に関するご質問なども受け付けておられます。

<三回>海外に渡る前日本にいる間に、バンクーバー在住の日本人カウンセラーEthanさんとの個別カウンセリング及びレッスンが受けられます。またバンクーバーで先生のレッスンを受けて既に帰国された生徒さんたちで構成される、日本でのEnglishサークルにご招待します。(サークルは今準備中だそうなので、詳細がわかりましたら改めてお知らせします)・・・日本にいる間に、Ethanさんから合計15回の1対1のオンラインカウンセリング&オンラインレッスンが受けられます。英語のカルチャーの中での話し方・振る舞い方、もちろん話し方のテクニック文法もすべて暗記ではない方法で英語を学ぶことができます。それにより日本にいる間に海外に渡る準備を完了させることができます。

カナダに着いても宿題やテストや暗記に時間を浪費することなく、カナダでの生活をスタート時点から充実させる方法をお教えします。


***重要:レッスン料の割引キャンペーンについて***
誰も教えてくれない、「ESL」の本当の意味。にある5つの動画、またはカナダで何年暮らしても、カナダ人の友達を作るのが難しい・・・ワケ。にある動画と、その下にある「クイズ」を読んで頂き、動画の中からお好きなものを一つだけ選んで(1)お名前 (2)解答 (3)受講されたいレッスンのコースを添えて先生の方へメールがSkypeでご連絡頂くと、全問正解された方はレッスン料が割り引かれたキャンペーン価格で受講することができるそうです。

カナダに渡るまでに時間をかけて準備をするため、昨年末に行われた、100万円以下で日本にいる間とカナダでのレッスン+サポート+ワーホリ・留学に向けたカウンセリングが受けられるキャンペーンは、既に始まりました。時間をかけて「石橋を叩いてから渡る」ため、今年は去年より早く開始されました。

1)クイズに正解する→キャンペーン価格の適用となる。
2)キャンペーンに申し込む。
3)カナダに渡る前の段階からのSkypeレッスンとカウンセリングの開始。
(カナダへの渡航が今年または来年2015年でも、2014年のキャンペーンに申し込まれていれば2014年のキャンペーン価格を使うことができます)

という流れになります。

今年のキャンペーン受付終了日は12月30日、先着100名様限定となっているそうです。

キャンペーンには説明会に参加される方も参加できない方も、カナダに渡るのは今年の方も来年のご予定の方も、申し込むことができます。

*******

先生のレッスンは今年からSkypeでも行われています。
Skype及び対面での、カナダに渡る前の継続的なレッスン&カウンセリングにより、カナダに渡る前に英語初心者を卒業、"RAW"の状態を卒業します。

現在の英語のレベルは関係ありません。

日本でのレッスン(Skype含む)も、私がバンクーバーで受けていたレッスンとまったく同じ方法を使って行われます。

先生のレッスンでは「暗記」はしません。 英語を「暗記」ではなく「経験」して学ぶので、一旦身につけたら一生忘れません。語学学校に通う必要も、ありません。

カナダに渡る前に、日本で時間をかけて準備をし、日本にいる間に英語初心者を卒業し、そうしてカナダでは短期間で英語を仕事でも通用するレベルに到達させ、カナダでの生活費はカナダで稼ぐ(そのための最低時給を上回る仕事もご紹介されるそうです)というのが目標の一つです。
(カナダで受けることができるレッスンには、カナダバンクーバーでの1対1での個人レッスンに、日本からの安い航空券を買うためのサポート、空港ピックアップ、ホームスティのサポート、バンクーバーのあるB.C州の最低賃金を上回る仕事のご紹介(カナダのカフェやレストランで働けば、英語は伸びる、のか? )や、レッスンの一環の旅行(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得)の割引などが含まれたコースがあるそうです。)

説明会開催直前となりましたので、説明会への参加を希望される方は、OliviaさんへメールかSkypeで直接ご連絡をお願いします。
Oliviaさんの
・メールアドレスはolivia.jpca<あっと>gmail.com(注:送信の際には<あっと>を@に変えてください)、
・SkypeIDはmake_hay_while_the_sun_shines
です。

またこれまでにご連絡先をお知らせ頂いているにも関わらず先生からのメールが届いていない方がおられましたら至急ご一報ください。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生へ直接お願いします。)


    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

コメント

非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

カナダから帰国して、現在は都内企業で英語を使って働いています。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「こんなのウソに決まってる、アリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになってますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ