英語を話すときと日本語を話すときの「キャラ」は同じ?:2

私がバンクーバーで個人で英語を習っていた先生の12月に日本で開催されるレッスン説明会へ参加をご希望の方・ご興味がある方はお名前、ご連絡先(メールアドレスとSkypeID)、ご希望の都市を明記の上12月1日(月)までにOliviaさんまでご連絡ください。(SkypeIDは説明会への参加にあたって必須ではありませんが、メールよりSkypeの方が早くご連絡ができる場合があります。)

Oliviaさんのご連絡先は
・メール→olivia.jpcaあっとgmail.com(あっとを@にかえてください)
・Skype→make_hay_while_the_sun_shines
です。
*今回親子で参加される方も何組かいらっしゃるそうです。親子での参加をご希望の場合もお気軽にお問い合わせください。



言語を身につけるときには、その言語がもつカルチャーを理解し、それに合わせた言動ができるようになるということが重要なカギになる。(http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-385.html" target="_blank" title="英語を話すときと日本語を話すときの「キャラ」は同じ?">英語を話すときと日本語を話すときの「キャラ」は同じ?、英語の“キャラクター”を身につけるということ。を参照。)

英語と日本語では、根底にある価値観や考え方、振る舞い方、人と人との関係性(=カルチャー)が違う。

カナダでは何がpoliteで何がpoliteでないのか。
カナダではどう振る舞うことが正しくて、どう振る舞うことが正しくないのか。
カナダではどんな話し方をするのが正しくて、どんな話し方をするのが正しくないのか。

日本とカナダではカルチャーが違う(friendlyとpolite 2つの文化の違い)のに、たとえカナダで生活をしていようが、「日本ではこうだから」という発想で考えていては、いつまで経ってもカルチャーの違いが理解できないし、
本来経験しなくてもいい苦労をしたり、無駄にトラブルに巻き込まれたりする。(英語圏の国で英語のカルチャーを知らずに暮らす、弊害。を参照。)

キャラを複数もつといっても、別に2重人格になるとかそういうことではなくて、
それぞれの言語/カルチャーに適したキャラを時と場合に応じて使えるようにする、ということである。


英語のカルチャーの中で考えたり振る舞ったりし始めると、最初は、まるで自分が違う人になったかのように感じるかもしれない。(私はそう感じていた。)
でもそれもそのうち慣れてくる。

・・・もしかしたら、英語のカルチャーの中での自分を、オンラインサービスでよくある「アバター」(自分の化身)を使うようなものだと考えるとわかりやすいかもしれない。

自分が使う言語に応じて、それに合わせた「アバター」を使うのである。

******

私がバンクーバーで個人で受けた英語のレッスンでは、まず自分にイングリッシュネーム(英語のニックネーム)をつけるところから始まる。

これによって何が変わるかというと、ジャパニーズネームのままの自分では違和感があってできないようなことが、イングリッシュネームがある状態ではできるようになったりする
ジャパニーズネームのままの自分では恥ずかしかったり違和感を感じてできないようなことが、イングリッシュネームの自分では自然に、自信をもって振る舞うことができたりする、のである。

例えば、日本人のままの自分では、年上の人に向かって”you guys”なんて言うのはカジュアルすぎて失礼なんじゃないかと思いためらう(日本人留学生がカナダで仕事を見つけるのが難しい理由?)のに、イングリッシュネームがある状態(アバターを身に着けた状態)では、(不思議なことに)それが平気で言えたりする。

ジャパニーズネームのままでは、すでにカナダに住んでいるにも関わらず「日本ではこうだから・・・」と日本を基準に考えてカナダのカルチャーを受け入れられないということも往々にして起こるが、
イングリッシュネームをもつと、日本のカルチャーとカナダのカルチャーを比べることなくカナダのカルチャーをスッと受け入れられたり、イングリッシュネームがあることで「日本人としての自分」とは違う自分を感じられ、たとえ英語でミスをしても、あまり恥ずかしいと思わずに済んだりする。

また、カナダのスターバックスに行くとわかると思うが、ドリンクを注文すると名前を聞かれ、カップに名前を書いて渡してくれるのだが、ジャパニーズネームを言っても聞き取れないため往々にして何度も聞き返されたり、揚句に全然違う名前を書いて渡されたりする。
カナダではジャパニーズネームではなくイングリッシュネームを使えば、日本人ではない人にもすんなり聞き取ってもらえるはずである。

その言語に応じた名前をもつことで、それぞれの言語の違い・カルチャーの違いをありのままに受け入れることに対しての抵抗が、減る。
それはつまり、その言語を上達させるスピードが早くなるということである。

*****

言うまでもないが、単にイングリッシュネームを持つことで英語のカルチャーが即座に理解できるようになるわけでも、英語が話せるようになっていくわけでもない。
イングリッシュネームは、あくまで最初のとっかかりに過ぎない。

私がバンクーバーでまだ語学学校に通っていた時、イングリッシュネームをもつクラスメイトならたくさんいた(日本人で持っている人もいたが、とくに韓国人はほとんどの人がイングリッシュネームを持っていた。韓国の名前は外国人には発音が難しく覚えにくいことが多いため)が、イングリッシュネームを持っているからと言って彼らが英語のカルチャーの中で振る舞えていたとは、私には到底思えない。(バンクーバーのESLで、韓国のカルチャーを学ぶ。または英語の語彙より文法より発音より、100倍大事なことって?を参照。)

語学学校では英語の単語や文法は習うことができても英語のカルチャーの中でどうやって考えたり話したり振る舞うかなんてことは、習わない。

イングリッシュネームをもった状態の自分(アバター)を、現実の、英語のカルチャーの世界の中でどうやって動かしていけばよいのか。
アバターを装着(イングリッシュネームをもった)したはいいが、そのアバターを使って英語のカルチャーの中でどうやって考えたり、話したり、振る舞うべきなのか。

私が語学学校を卒業した後に受けるようになった個人の英語レッスンでは、それを習ったのである。


*****お知らせ*****
私がバンクーバーで受けていた個人の英語レッスンの先生が、バンクーバーを拠点に、日本や中国、フィリピンでもレッスンを行われています。その先生と、その先生のレッスンを日本とバンクーバーで受けられ帰国された元生徒さん(Oliviaさん)が、カナダワーホリや留学を考えておられる方に向けたレッスン説明会を開催されます。

・12月6日(土):東京(代々木駅から徒歩圏内の場所にて15時頃から)
・12月7日(日):京都(京都駅から徒歩圏内の場所にて10時頃から)
・12月7日(日):福岡(博多駅から徒歩圏内の場所にて18時頃から)


説明会への参加は無料で、今レッスンに参加されている方もされていない方も、カナダへの渡航が今年の方も来年の方も参加できますが、説明会へ参加されるためには予約が必要です。
(10月の説明会の写真と動画がこちらからご覧頂けます。→レッスン説明会)

説明会では・・・
・短期間で英語が話せるようになる方法、
・自分の英語に自信がもてるようになる方法、
・カナダでカナダ人の友達を作る方法、
・カナダで「皆がしているから自分も・・」ではなく自分がしたい仕事をする方法、
・北米、中米、南米の、ガイドブックには載っていないような場所に旅行する方法、
・語学学校と先生のレッスンの違い、
・先生のバンクーバーでのレッスンの内容、
・何もわからず海外に渡ってお金や時間を無駄にしないために、海外に渡る前に準備すべきこと、

などなど・・・先生とOliviaさんが直接、英語と日本語を交えてご説明されます。

Oliviaさんがブログを開始されました。カナダのカルチャーについて、会話形式でわかりやすくご紹介されています→Culture Expeditions!
さらにOliviaさんからのメッセージはこちら→語学学校を卒業して初めて「見える」ようになったこと。 、 カナダワーホリ/留学を考えている方へのメッセージ
Oliviaさんの動画メッセージはこちら→誰も教えてくれない、「ESL」の本当の意味。http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-442.html">バンクーバーで洗脳される前に知っておくべきこと、とは?、単語や文法の暗記などではない・・海外に渡る前に「本当に」すべきこと、とは?カナダで生活して気づいた、日本人が自分で自分を英語を話せなくしている原因、とは?

下でお知らせしています、レッスン料の割引キャンペーンに申し込まれる前に私がバンクーバーで英語を習っていた先生と、そのレッスンを受けておられたOliviaさんに直に会ってお話ができる最後のチャンスとなります。

説明会への参加予約受付、および説明会の詳細の送付はOliviaさんがしておられます。詳しい時間や場所についてもOliviaさんからお知らせさせて頂きます。ご興味のある方はお名前、ご連絡先(メールアドレスとSkypeID)とご希望の都市を明記の上お問い合わせください。
Oliviaさんのご連絡先は
・メール→olivia.jpcaあっとgmail.com(あっとを@にかえてください)
・Skype→make_hay_while_the_sun_shines
です。

説明会参加ご希望の方は12月1日(月)までに、Oliviaさんまでご連絡ください。また、前回の説明会に参加を希望されたもののあいにく参加がかなわなかった方へは、Oliviaさんから既にメールが届いているはずですので、大至急ご確認&ご返信をお願いします。

Oliviaさんは「メンター」として説明会に参加されるだけでなく、プログラムのメンバーになられた方(レッスンに参加される方)には、先生のレッスン全般に関するご質問、またカナダでの生活に関するご質問にも答えてくださいます。

先生の来日は今年で2年目。12月で通算7回目の来日となります。

********

今日本におられてカナダワーホリ/留学を考えておられる方が対象の先生のレッスンでは、先生が来日された時の対面のレッスンだけでなく、カナダ渡航前のSkypeを使ってのレッスンも受けられるようになっています。
カナダに渡る前の継続的なレッスン&カウンセリングにより、カナダに渡る前に英語初心者を卒業、"RAW"の状態を卒業します。

しかしながら、
「自分の英語力を考えるとSkypeレッスンだけでは不安・・」「カナダでいきなり英語生活ができるのかどうか、不安・・・」という方には、
カナダに渡る前にフィリピン・セブ島で、Language Boot Camp(1ヶ月間の特別英語集中レッスン)が受けられるコースが始まりました。

フィリピンでのレッスンも、私がバンクーバーで受けていたレッスンとまったく同じ方法を使って、「1カ月間」、1日7時間の1on1(先生1人と生徒1人)、または2on1(先生が2人と生徒1人)、もしくは3on1(先生が3人と生徒1人)のレッスンが行われます。

よってカナダとは一味違う南国のマリンライフの中で英語を伸ばしていくことができます。

★★★★★★重要★★★★★★
年末割引のお知らせ
誰も教えてくれない、「ESL」の本当の意味。にある5つの動画と、その下にある「クイズ」を読んで頂き、動画の中からお好きなものを一つだけ選んで(1)お名前 (2)解答 (3)受講されたいレッスンのコースを添えて先生の方へメールがSkypeでご連絡頂くと、全問正解された方はレッスンを年末の特別割引価格で受講することができるそうです。
年末の特別割引価格はバンクーバーでのレッスンと、フィリピンのレッスンにも適用されます。


1)クイズに正解する→キャンペーン価格(年末割引価格)の適用となる。
2)キャンペーンに申し込む。
3)バンクーバーにいらっしゃる方はそのままレッスンの開始。
今日本にいらっしゃる方はカナダに渡る前の段階からのSkypeレッスンとカウンセリングの開始。
(カナダへの渡航が今年または来年2015年でも、2014年のキャンペーンに申し込まれていれば2014年のキャンペーン価格を使うことができます)

という流れになります。

カナダに渡るまでに時間をかけて準備をするため、昨年末に行われた、100万円以下で日本にいる間とカナダでのレッスン+サポート+ワーホリ・留学に向けたカウンセリングが受けられるキャンペーンが既に始まりました。時間をかけて「石橋を叩いてから渡る」ため、今年は去年より早く開始されました。

今年のキャンペーン受付終了日は12月30日、先着100名様限定となっているそうです。
キャンペーンには、今カナダにいらっしゃる方もいらっしゃらない方も、説明会に参加される方も参加できない方も、カナダに渡るのは今年の方も来年のご予定の方も、申し込むことができます。
★★★★★★★★★★★

先生のレッスンにご興味があるとご連絡を頂いた方(Iさん)と先生との、Skypeでの会話をご紹介させて頂きます。(本名ではないお名前とSkypeIDでご連絡を頂いたため始めにお名前を伺っています。)

[4:45:24] 先生: What is your name? (あなたのお名前を教えてください)
[4:48:25] 先生: You cannot pass the movie quiz and get the discount for our English programs if you write the answer in Japanese. Our movie quiz is a discount for English programs so you need to answer in English. Try it better please. (動画クイズに日本語で答えて英語のプログラムの割引を受けることはでき
ません。私たちの動画クイズは英語を話せるようになるためのプログラムの割引を得るためにあるので、英語でお答えいただく必要があります。もう一度挑戦してください。)
[4:53:58] Iさん: I.(Iです)
[4:54:44] Iさん: Ok (わかりました)
[4:55:34] Iさん: I will try it (もう一度挑戦します)
[4:55:43] 先生: I, It is better to know your name first, isn't it? (Iさんですね、まずあなたのお名前を知ることができてうれしいです。)
[4:56:12] 先生: Are you in Vancouver? If you want to meet tomorrow at 7pm? (あなたはバンクーバーにいらっしゃるのですか? もしご希望であれば明日の午後7時にお会いできますが。)
[4:56:36] Iさん: Im in Japan (私は日本にいます)
[4:56:53] Iさん: I contacted to Coco yesterday (昨日Cocoさんに連絡をしました)
[4:57:30] 先生: Well, then you cannot meet our teachers, and get support or discount for our programs until you will pass the quiz (そうなのですね。そうであれば、あなたは動画クイズをパスされることで日本で私たち教師に会えるようになりますし、割引やサポートが受けられるようにもなります。)
[4:59:00] Iさん: got it(わかりました)
[4:59:51] 先生: I see, Coco is one of our students who simply tries to inform people in Japan about her experience and reality of life and study in Canada. I am sure Coco can direct you to Olivia who is a professional mentor PR worker of SPLI program in Japan. Olivia can help you better about our program details and how to join the discount (なるほど、Cocoは彼女のカナダでの経験やカナダのリアルな生活、そしてカナダ留学などに関して単に情報提供をしている、私たちの生徒のうちの一人にすぎません。あなたはCocoからOliviaに繋げてもらえるでしょう。Oliviaは日本でのSPLIプログラムのプロのメンターであり、PRをしている人物です。CocoよりもOliviaの方がより詳しい情報と割引の受け方を教えてくれますよ。)
[4:59:59] 先生: Good luck(それでは頑張ってください)
[5:00:15] 先生: Please, let me know your quiz answers as soon as you can.(あなたの動画クイズの答えを可能な限り早くお送りください)
[5:00:15] Iさん: Thank you(ありがとうございました)

******
これまでに私の方までご連絡先をお知らせ頂いているにも関わらず先生もしくはOliviaさんからのメールがまだ届いていない方がおられましたら至急ご一報ください。
(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生またはOliviaさんへ直接お願いします。)


    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

コメント

非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ