あまり大きな声では語られない、ワーホリのネガティブな「イメージ」。

カナダにワーホリで渡る前に、周りの人に「カナダに行く」と言うと、「何で?何しに行くの?」と言われたものだった。
英語が話せるようになりたいから行くのだ、と私が言うと、「へぇ~頑張ってね。」と言われることが多かったが、「ワーホリのビザで行く」と言った途端に、「えー、ワーホリなの? 留学とかじゃなくて?・・留学はするけど語学学校??・・大学(院)留学とかじゃなくて?」と、否定的な反応をする人もいた。
「ワーホリに行って何になるの?」と暗に言われているような気がして、何となく肩身が狭い思いをした。
(それとは別に、そもそもワーホリとは何なのか自体、知らない人も結構いたが。)


カナダに渡る前に、私はカナダでワーホリ中・後の人のブログを色々読んでいたのだけれど、そこに書いてあった限りでは、
ワーホリで来て語学学校に通ったはいいが、英語が話せない。

語学学校でお金をほとんど使い切ってしまったので、カナダで生活していくお金が必要。

英語を使わなくてもよい、または決まりきったフレーズしか使わない環境で働くしかない。

ますます英語が話せないので、日本人だけで固まっている。
(それはそれでラクだし楽しいのでいつの間にかそれが自分にとっての「当たり前」になっていて、カナダという英語圏の国に住んでいても英語を話さない、話せないことを疑問にも思っていない。)

という人が圧倒的に多いように感じ、「自分はそうならないようにしよう。」と思っていた。


けど、バンクーバーに着いて語学学校に通い始めると、私が通った学校が日本人が多い学校だったこともあり(といっても別にその学校が特別そうだというわけではなく、バンクーバーの語学学校はほとんどそうらしい)、このままだと自分も「なりたくないと思っていた状態に、なりそう」・・という不安が日増しに大きくなっていった。

「英語が話せるようになりたいからカナダに来ました」。 
でもカナダに数か月どころか、半年も一年も経っているのに「英語は話せません。」なのであれば、「カナダに何のために来たの?何がしたくて来たの?」と聞かれた時、「何て答えたらいいんだろう・・・」と思った。

★★★★★

ワーホリにネガティブなイメージがあるのは、
「英語が話せるようになりたいから海外に行く」のに、海外に行っても英語が話せないまま帰国していく人が大半という現実があるからなのではないだろうか。

そもそも当時私が読んでいたワーホリ中/後の人のブログに、「ワーホリして英語が話せるようになった」と書いている人は一人もいなかった。

そしてその原因は、ワーホリで海外に渡る人の、圧倒的な準備不足にあるのではないだろうか。
http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-436.html" target="_blank" title="英語が話せない状態で海外に渡って・・実際困ること。">英語が話せない状態で海外に渡って・・実際困ること。を参照。)

服や化粧品や日用品など、自分がカナダに持っていく「物」は事前に時間をかけてじっくり準備しておきながら、
肝心の「自分自身」の準備はせず、つまり、英語が少しでも話せる・理解できるようにしてからカナダに来なかったことを、私は何度も後悔した。

英語が全然わからずカナダに来る人のことを私のカナダ人の友達は”RAW”(生の状態)と表現していた(英語がわからず"Sorry"と言ってしまう・・惨めだった気持ち。)が、私はまさにRAWであった。

★★★★★

すでに何度も書いている通り、海外で語学学校に通ったところで、そこで行われていることは日本の学校の英語の授業と同じである。
教科書があって、宿題があって、テストがあって、一人の先生の話を大勢のクラスメイトと一緒にただ黙って聞いて。。
それは日本の学校とは違い先生はネイティブイングリッシュスピーカーで授業は全部英語で進むし、授業の中でスピーキングのテストが(多少)あったりするかもしれない。
でもすることは結局暗記で、どんなにたくさんの単語や文法を覚えようが、テストが終われば忘れてしまう。

例えばスピーキングのテストだって、要は暗記で、先生からテーマが与えられて、その週に習った英単語やイディオムを所々使って自分で文章を考え原稿を作る。それをテストまでに丸暗記して、
当日先生の前で(クラスによっては教室の前の方に立って先生と他のクラスメイトの前で)発表するのである。
そうやって丸暗記した英語はやはり、テストが終われば忘れてしまうのであった、


語学学校の中では”スピーキング”ができても、学校から一歩外に出ればまるで通用しない。カフェでコーヒー一杯を注文するのすら緊張するような状態が続くというのはストレスがたまり、それをうまく英語を身に着けるモチベーションに変換できる人も中にはいるが、心が折れてしまう人も、たくさんいる。

英語を喋るのも嫌になったり、恐怖を感じたりして、
いつの間にか「日本語を話せる人と機会」を求め、「英語を話す人と機会」を避けるようになりさえする。

自分がなぜカナダに来たいと思ったのか、その理由すら忘れてしまうのである。

(次回に続く。)


********
前回の記事(英語を勉強していて感じる「終わりのなさ」の原因、とは?
)でご紹介させて頂いたNanaさんから、動画でもメッセージを頂きましたので掲載させて頂きます。


*******お知らせ*******

私がバンクーバーで受けていた英語のレッスンの先生が、現在バンクーバーを拠点に、日本や中国・フィリピンでも英語を教えておられます。
先月からその先生のレッスンの体験レッスン(HTC:Hybrid Trial lesson Conversation club)がSkypeを使って北海道から沖縄まで47都道府県のどこにお住まいでも受けられるようになりましたとお伝えしましたが、HTCについてお問合せを多く頂いたため、専用サイトが新しくできたそうです。
ハイブリッド体験英会話レッスン(HTC:Hybrid Trial lesson Conversation club)
ご興味のある方はサイトをご覧頂き、サイトからお申し込みください。
(HTCについては、日本とバンクーバーで先生のレッスンを受けられ帰国された、元生徒さんでありメンターでもあるOliviaさんのブログ記事もご参照ください。→ハイブリッドな体験レッスン&英会話クラブの追加お知らせ

新年に入り、新しいコースができるなど、先生のレッスンの種類や内容の選択肢が増えたそうです。
Oliviaさんのブログでも随時情報が更新されているそうですので、そちらもご参照ください。→Culture Expeditions!



先生のレッスンでは、現在日本におられてカナダワーホリ/留学を考えておられる方は、コースによって先生が来日された時の対面のレッスンだけでなく、カナダ渡航前のSkypeを使っての継続的なレッスンも受けられるようになっています。

カナダに渡る前の継続的なレッスン&カウンセリングにより、カナダに渡る前に英語初心者を卒業、
"RAW"の状態を卒業します。
現在の英語のレベルは関係ありません。

日本でのレッスン(Skype含む)も、私がバンクーバーで受けていたレッスンとまったく同じ方法を使って行われます。

先生のレッスンでは「暗記」はしません。 英語を「暗記」ではなく「経験」して学ぶので、一旦身につけたら一生忘れません。語学学校に通う必要も、ありません。

カナダに渡る前に、日本で時間をかけて準備をし、日本にいる間に英語初心者を卒業し、そうしてカナダでは短期間で英語を仕事でも通用するレベルに到達させ、カナダでの生活費はカナダで稼ぐ(そのための最低時給を上回る仕事もご紹介されるそうです。*コースによりサポート内容は異なります。)というのが目標の一つです。

先生のレッスンには期間も費用もレッスンを受ける場所もサポート内容も異なる幾つかのコースがあります。詳しくはOliviaさんのブログをご参照ください。→Culture Expeditions!

先生のレッスンにご興味がある方、
“王道”ではない留学/ワーホリをしたい方、
海外で”FOLLOW THE DUCK" になりたくないという方は、
メールアドレスとSkypeIDをご明記の上簡単な自己紹介を添えてコメント欄よりご一報下されば、先生とOliviaさんからご連絡が届くようにさせて頂きます。(その際、携帯のアドレスだとパソコンからのメールを拒否するように自動的に設定されていることがあるので、携帯以外のアドレスでご連絡下さるようお願いします。
もしくは過去記事に掲載しています先生またはOliviaさんのご連絡先に直接ご連絡されても大丈夫です。

*これまでに私の方までご連絡先をお知らせ頂いているにも関わらず先生またはOliviaさんからのメールがまだ届いていない方がおられましたらご一報ください。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生かOliviaさんへ直接お願いします。)

  *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

コメント

非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ