あまり大きな声では語られない、ワーホリのネガティブな「イメージ」。(続き)

前回の記事続き。)

*記事の一番下に追記があります。


カナダに着いたばかりの頃は、”まだ来たばかりだから英語全然話せないんです~”と言っていた(言えていた)私であったが、そのうち1ヶ月・2ヶ月・3ヶ月・・と月日が経つにつれ、だんだん「カナダに来て何ヶ月なの?」と聞かれるのが苦痛になっていった。
だってカナダで時間だけは過ぎていくのに、自分の英語がそれに比例して伸びている感じがしなかったから。

★★★★★

私がカナダに渡る前に相談していたエージェントの人は、「今(カナダに渡る前に)英語が話せなくても、大丈夫ですよ。」と言っていた。 「カナダで学校に通って英語を勉強すれば何とかなりますよ。」と。
まあそう言われてあっさり自分に都合の良いことだけ信じた自分が悪いのだけれど、エージェントの人にそう言われると、正直ちょっと安心した。

普通に考えて、これから英語圏の国で生活をしようとしているのに「英語がまったく話せない」よりも、少しでも「話せる」状態になっていた方が、色々な面で苦労が少なくて済むはず。

でも私が当時相談をしたエージェントの人で、「カナダに渡る前に英語が話せるようになっていた方が良い」と言った人は、ただの一人もいなかった。10社以上の留学エージェントに尋ねたにも関わらず、なぜかどの人と話しても、私がカナダで語学学校に通うことが大前提になっていて、
「英語を勉強するのはカナダに着いてから、語学学校ですれば良いですよ」と言われるか、もしくは「まだ日本にいるうちに英語の”勉強”をしておけば、学校のクラス分けテストの時なんかに有利になりますよ。」ということで、カナダに渡るまでに中高時代に習った英語の復習をしたり、TOEIC向けの勉強をしておくことを勧められた。


・・・中高時代に習った英語の復習もTOEICの勉強も、結局どちらも単語と文法の暗記に過ぎず、それを6年間続けたところで英語が話せるようになる人など、いない。(だってもしそれで話せるようになるのであれば、日本で中学と高校に通った日本人は全員英語が話せるようになっているはずじゃないだろうか。)

それをカナダに渡る前にまた繰り返したところで、英語が話せるようになるわけがなかった。
そしてカナダに渡って学校に通って英語を勉強したところで、そこで行われていることは日本の学校教育と同じ(単語と文法の暗記)だから、やっぱりまた英語が話せるようにはならなかった。


今考えれば、私が英語がまったくわからない状態でカナダに渡るのは、エージェントの人にとってはとても都合がよかっただろうと思う。
なぜなら留学エージェントは私に語学学校を紹介して私がそこに通うことになれば、利益になるから。
だからどのエージェントに相談をしても語学学校をすすめられたのは、至極当然の流れなのであった。

★★★★★

「英語が話せるようになりたいから海外に行く」のに、海外に行っても英語が話せないまま帰国していく人が大半。

その原因の一つが、英語が少しでも話せる・理解できるようにしてからカナダに渡ることをしないという、「圧倒的な準備不足」であるとしたら、もう一つの原因は、「海外に行ってもFOLLOW THE DUCKでいてしまうこと」なんじゃないだろうか。(FOLLOW THE DUCKとは→カナダ現地人がもつ、「アジア人留学生の印象」とは?

つまり、日本人同士で学校の中だけでなく学校の外でも、いつも一緒に行動し、"箱"の外に出ようとしないということ(箱とは→英語を身につけたいなら、Get out of the box!)。

★★★★★

ー「何でカナダに行くの?」
ー「何でワーホリなの?」
ー「ワーホリって・・行って何になるの?」

「英語が話せるようになりたいからカナダに行く。」
「カナダに一年住むのに、英語の面でも費用の面でも、ワーホリが一番ハードルが低いから。」
「・・・現地では語学学校に通うから、そこでとにかく頑張って勉強すればきっと何かを得られるはず・・!」
と、私は思っていた。


自分と同じ目的を持ってカナダに来たはずの人の多くが「英語が話せない状態のまま帰国していく」という現実は、既にカナダでワーホリをした/している人たちのブログを日本で読みながら薄々気がついてはいたけれど、
でもそれを「日本にいながらにして、自分の身に置き換えて想像する」というのは、実際のところ、なかなか難しいことであった。


**********
<記事に関連した動画>
私がバンクーバーで英語を個人で学んだ先生のレッスンを、日本とバンクーバーで受けられた元生徒さんでメンターでもあるOliviaさん(ブログ:Culture Expeditions!)の動画です。「カナダに渡る前に準備しておくべきこと・心構え」についてアドバイスしておられる動画の中の一つです。


他のアドバイスは、単語や文法の暗記などではない・・海外に渡る前に「本当に」すべきこと、とは?からご覧いただけます。

Oliviaさんは3月から始まるフィリピン・セブ島でのLanguage Boot Camp(1ヶ月間の特別英語集中レッスン)にもメンターとして参加されます。 ハイブリッド体験英会話レッスン(HTC:Hybrid Trial lesson Conversation club)のサイトにも書いてありますが、Oliviaさんは海外ツアーガイドの経歴をもっておられ、セブで語学留学をされた経験もお持ちです。英語のことはもちろん、セブでの生活全般に関して現地でもOliviaさんのサポートが受けられます。レッスンの時間だけでなく、レッスンの合間の時間、休み時間も楽しくなること請け合いです!ご期待ください。
(時々質問を頂きますが、セブでのレッスンは3月だけではなく、3月以降も続いていきます。)

*****お知らせ*****
私がバンクーバーで個人で受けていた先生のレッスンを日本で受けてからバンクーバーでもレッスンを継続され、帰国された元生徒さんでメンターでもあるOliviaさんの発案で、日本でレッスンに参加されている方(以下、メンバー)同士でカナダ渡航前に情報交換と交流ができる Friends List と Friends Talk という企画がスタートしたそうです。

・Friends Listは、今年~来年にカナダへの渡航を控えておられる現メンバーの方の連絡網となります。
メンバーの方へはすでに、Friends Listへの連絡先の掲載を希望されるかどうかをお聞きするメールがOliviaさんから届いているはずです。確認頂き、返信をお願いします。
後日、Friends Listへの連絡先の掲載を希望された方へ、他の掲載希望者の方々の連絡先が載ったFriends Listが、Oliviaさんからメールで届きます。

・Friends Talkは、現メンバーの方と、これからレッスンに参加しようと考えていらっしゃる方を対象にしたSkypeグループ通話です。
先生とOliviaさんも参加され、内容は、日本語と英語のカルチャーの違いが実感できる内容となり、まだレッスンに参加されていない方は体験レッスン感覚、既にメンバーの方は以前行われた説明会の後のレッスンの時間を再度味わっていただける内容になる、とのことです。

現在メンバーではない方でFriends Talkへの参加を希望される方は、ハイブリッド体験英会話レッスン(HTC:Hybrid Trial lesson Conversation club)のサイトからお申し込み頂ければ48時間以内にOliviaさんからFriends Talkへの参加ご案内をお送りさせて頂くそうです。→ハイブリッド体験英会話レッスン(HTC:Hybrid Trial lesson Conversation club)

*Friends List と Friends Talk の説明がOliviaさんのブログにもあります。ご参照ください。→http://ameblo.jp/mattandolivia/entry-11980693428.html" target="_blank" title="Friends List と Friends Talk について">Friends List と Friends Talk について

*追記*
メンバーの方々のスケジュール調整の結果、Friends Talkの第一回目は2月1日(日)の午前11時(日本時間)~行われることに決定したそうです。参加をご希望の方でOliviaさんへまだ返信をされていない方は至急返信をお願いします。現在メンバーではない方でFriends Talkへの参加を希望される方は、こちらのサイトからお申し込みください。→ハイブリッド体験英会話レッスン(HTC:Hybrid Trial lesson Conversation club)




  *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

コメント

Re: はじめまして

> COCOさん
> はじめまして。
> 今年の6月よりワーホリを計画している と申します。
> ワーホリをするにあたり、様々なブログを読み漁るなか、COCO様のブログに行きつき、拝見いたしました。
> 私が漠然と腑に落ちなかった点や疑問点が具体的に記事にされていて、思わず時間を忘れてずーっと読み込んでしまいました。
> 過去に短期ではありますがUSで働き、NZで語学学校に通っていた経験から、“王道”にのることにどうしてもモヤモヤをぬぐいきれず、しかしエージェントに相談してCOCOさんの記事にあるようなことをいわれ、なにやらそれが「正しい」と思い込もうとしていました。
> 今一度自分のワーホリのあり方を見直したいと思います。
> 英語の習得についてもCOCOさんの勉強方法にとても興味があります。詳細を知りたいのですが、ご連絡など頂けましたら幸いです。
> 宜しくお願い致します。

> また、スカイプのIDについても後々ご連絡申し上げたいと考えております。


はじめまして、コメントありがとうございます。
メールをお送りさせていただきましたのでご確認ください。
Coco
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

カナダから帰国して、現在は都内企業で英語を使って働いています。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「こんなのウソに決まってる、アリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになってますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ