【動画あり】カナダで「最低時給よりも高い時給&完全英語環境の仕事」を得る秘訣。前編

私がバンクーバーで個人で英語を習っていた先生のレッスンを日本とバンクーバーで受けられ、現在もバンクーバーにおられるJennyさんが、カナダで「最低時給よりも高い時給&完全英語環境の仕事」を得る秘訣について話してくださいました。





(動画が再生できないときはyoutubeのサイトからご覧ください。→カナダで平均より高い時給と完全英語環境の仕事を得る秘訣1、 カナダで平均より高い時給と完全英語環境の仕事を得る秘訣2



↓日本語訳↓(筆者意訳。)



「みなさんこんにちは、バンクーバーのJennyです。

突然ですがみなさんは、(バンクーバーの最低時給である10.25ドルは(生活するのに)十分な額だと思われますか?

(あまり知られていないかもしれませんが)日本よりもバンクーバーの方が、食べ物も家賃も高いんです。

だから私は10.25ドルは十分だとは思いません。

10.25ドルの最低時給で働くカフェやアジアンレストランでの仕事は、その点において不利だと感じます。」


「カナダにいる日本人(留学生)が陥ってしまいがちな失敗についてお話したいと思います。

ほとんどの日本人がカナダでみな同じ仕事、言うなればカフェやレストランでの仕事、を探しがちです。

しかしそこで得られる時給は多くの場合(バンクーバーの最低賃金である)10.25ドルであり、英語を使うこともまったくなかったりします。

私は違う境遇にいることができています。

私は、自分の英語のおかげで、最低時給以上の時給を得ています。

私の現在の時給は13ドルですが、もっと時給を上げたいと思っています。」


<関連エントリ:カナダのカフェやレストランで働けば、英語は伸びる。のか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(Jennyというお名前はイングリッシュネームで、私がバンクーバーで個人で英語を習った先生のレッスンを日本とバンクーバーで受けられ、現在もバンクーバーにいらっしゃいます。
Jennyさんについては、先生のレッスンを日本とバンクーバーで受けられ既に帰国された元生徒さんでありメンターでもあるOliviaさんのブログもご覧ください→watch this little Cinderella movie!
またJennyさんがこれまでに出演されておられる動画は
【動画あり】日本とバンクーバーでレッスンを受けた元生徒さんの英語トーク
【動画あり】カナダで面接を受ける時日本人がしがちな挨拶の仕方と、英語ネイティブの挨拶の仕方
【動画あり】バンクーバーでのレッスンの様子のイメージ映像。
【動画あり】カナダ人の友達がいてよかったと思うこと。
【動画あり】日本語よりも英語で話すときの方が速く話せる、理由。
【動画あり】英単語などたくさん知らなくてもカナダ人と仲良くなれる理由。
からご覧ください。)


*Jennyさんがバンクーバーで受けられたコースは、カナダで仕事を得るためのサポートが受けられるコースだったそうです。そちらのコースに関する情報はOliviaさんのブログのこちらの記事からご覧ください。→Working Support Guarantee(WSG)


***お知らせ***
私がバンクーバーで英語を個人で習った先生のレッスンを日本and/orバンクーバーで受けておられた/現在日本でSkypeレッスンを通じて受けておられる方々からの感想は【http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/?tag=%83%8c%83b%83X%83%93%82%cc%8a%b4%91z" target="_blank" title="レッスンの感想">レッスンの感想】にある記事内、またはOliviaさんのブログにもあります。

Oliviaさんは来月3月から始まるフィリピン・セブ島でのLanguage Boot Camp(1ヶ月間の特別英語集中レッスン)にもメンターとして参加されます。
HTCのサイトにも書いてありますが、Oliviaさんは海外ツアーガイドの経歴をもっておられ、セブで語学留学をされた経験もお持ちです。英語のことはもちろん、セブでの生活全般に関して現地でもOliviaさんのサポートが受けられます。レッスンの時間だけでなく、レッスンの合間の時間、休み時間も楽しくなること請け合いです!ご期待ください。
(時々質問を頂きますが、セブでのレッスンは3月だけではなく、3月以降も続いていきます。)


*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

コメント

非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ