日本人が英語を「難しい」と思ってしまう理由とは?

「英語が話せるようになりたいのでカナダで語学学校に通うことを考えている」と言う人と話す機会が時々ある。

私が「語学学校かぁ~。あそこで習うことは日本の一般的な学校の授業で習うことと同じだから、既に英語がある程度話せる人にはいいと思うんだけどね。ヨーロッパの人とか南米の人とか、母国にいる間にある程度英語が話せるようになってる人には。。
日本の学校で英語を習っても英語が話せるようにはならないのに、海外でまた同じことをして、それで英語が話せるようになるっていうのは・・・難しいと思うよ。。」と言うと、

「え? だって、(語学)学校に通えば英語が話せるようになるんじゃないの??」と皆言う。

「・・・う~ん、私はカナダに着いたばかりのとき、何もわからなくて語学学校通ってみて、たしかにスピーキングの授業とかあったけど、でもそれで自分で”自分は英語が話せている”と思えるようにはならなかったよ。
英語を話そうとすると途端に何をどう言ったらいいのかわからなくなって、まるで子どもに戻ったみたいに感じる(英語を話す時と日本語を話す時の精神年齢は同じ?)し、
ネイティブの人に壁を感じるというか見下されてるのを感じる(語学学校を卒業して初めて「見える」ようになったこと。)というか。」

「え?? スピーキングの授業をとってたのに、スピーキングができるようにはならなかったって・・・どういうこと?」

「うーん、スピーキングの授業と言っても、例えば教科書の新出単語の意味を調べるだけで1時間終わったりとかフツーにあったよ。そんなの家で一人でできるんですけどって感じだった。
あと教科書に載ってる例文を使って文章を書いて暗記してそれをみんなの前で発表したりとかもあったけど、自分が何を言ったかなんて家に帰る頃にはもう忘れちゃってるんだよね。
だから、別に学校でスピーキングの授業を受けたからってスピーキングができるようになるわけじゃないよ。。」

「へー・・そんなもんなんだね・・。スピーキングとは名ばかり、って感じだね。。
でもCocoはそれでも今話せるようになってるんだから、頑張ったんだろうね。」

「う~ん、頑張ったというか、そんな頑張ったつもりはないんだけど英語を話すのがただ単純に楽しかったから積極的に英語を使うようにしてた(英語のためにする、楽しい「努力」と、楽しくない「努力」。)ら、いつの間にか・・っていう感じかなあ。」

「そんなもんなんだあ。」

★★★★★★

・・・よく、「英語は難しい」、「苦労しないと話せるようにならない」と言う人がいるけれど、本当にそうだろうか?

それはその人に中学高校で6年間も英語を勉強したのに話せるようになっていないという、言ってみれば「失敗体験」だけがあるからであって、
もしも単語や文法の暗記を繰り返すだけの英語の授業を人生で一度も受けたことがなかったとしたら、別にそんなこと思わないのではないだろうか。

そう言う私だって、バンクーバーで語学学校を卒業した後英語を個人で習うようになるまで、単語や文法を暗記することなしに英語が話せるようになる方法を学ぶまでは完全に
「英語は難しい」、「どれだけ勉強しても話せるようになっていっている感覚がない」、「終わりが見えない」、「自分には才能がないから、10代じゃないから、頭が悪いから、英語が話せるようになるのは一生無理なのではないか」と考えていた。


<関連エントリ:>
英語を勉強していて感じる「終わりのなさ」の原因、とは?
http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-378.html" target="_blank" title="「日本人が英語を話すのは難しい」、は大間違い。">「日本人が英語を話すのは難しい」、は大間違い。
http://cocolifeinvancouver.blog.fc2.com/blog-entry-379.html" target="_blank" title="「日本人が英語を話すのは難しい」、は大間違い。2">「日本人が英語を話すのは難しい」、は大間違い。2
「日本人が英語を話すのは難しい」、は大間違い。3


******お知らせ******
私がバンクーバーで個人で英語を習っていた先生のフィリピン・セブでのレッスンが、今月3月からスタートしました。
セブでのレッスンは英語がZERO、日本で英語を話す機会なんて全くないという方向けなので、まずは英語を話す自分に違和感を持たなくなること、恥ずかしがらずに自分から英語を話すこと、そして1か月後には自信を持って英語を話せるようになっていること(ZERO to HERO:ゼロからヒーローへ)が目標になっているそうです。

下の動画では、
なぜ学校で行われているような「不自然な方法」で英語を勉強すると何年もの長い時間がかかり、にも関わらず誰もほとんど話せるようにならないのか、
そしてなぜ、このレッスンで行われているように、勉強の仕方を変えて母国語を学んだ時と同じ「自然な方法」で英語を学べば数年もの時間をかけることなく短期間で英語を話すことができるようになるのかを英語と日本語の両方で説明しています。


(このブログの中で動画が再生できないときはyoutubeのサイトからご覧ください。)


セブでのレッスンはその名もEnglish Boot Camp(1ヶ月間の特別英語集中レッスン)といい、月~金曜まで一日7時間、英語を喋りっぱなし。だそうです。
(平日だけでなく、週末にも生徒さんたち&先生やOliviaさんが同行する自由参加のLanguage in Action((英語をフルに使う旅行))があります。)

レッスンでは教科書もノートも使いません。暗記もしません。
「話すための英語学習」と、「暗記するための英語学習」の、違い。、 どんなに英語を勉強しても、「使えない」ワケ。
その上、レッスンが教室のような窮屈な場所で行われることもありません。宿泊先のリゾートホテルのロビーやガーデン、プールサイドで、リラックスした雰囲気の中行われます。
レッスンの合間には、生徒さんたちは世界各国からの旅行者(例えばオーストラリア人・カナダ人・アメリカ人・ヨーロッパ人・・)を相手にレッスンで習ったことを即使って会話を楽しまれているそうです。

さらにレッスンは先生と生徒が1対1、もしくは2対1または3対1で行われます。(先生が2人または3人に対して、生徒が1人です。逆ではありません。)

セブで撮影された写真を頂きましたのでご紹介させていただきます。
セブレッスン40

セブレッスン38

セブレッスン39

セブレッスン35
↑奥の右から2番目に座っている方が私がバンクーバーで英語を個人で習った先生です。

セブレッスン36

セブレッスン343
↑「私」と書いてある方はOliviaさんです。

セブでのEnglish Boot Campの様子は、日本とカナダで先生のレッスンを受けて帰国された元生徒さんで、メンターとしてセブに滞在されたOliviaさんのブログのもご覧ください。

セブでのEnglish Boot Campは、現在英語に自信がまったくない方、英語を話すのがイヤ/恥ずかしいと感じる方こそ、1か月後に大きな効果を感じることができるようになっているそうです。
年齢も性別も学歴も関係ありません。
もしも1か月後に効果を感じられなかった場合、レッスン料は返金されるそうです。

ご興味のある方はHTC(Hybrid Trial lesson Conversation club;ハイブリッド体験英会話レッスン)のサイトからお問い合わせください。

セブでのEnglish Boot Campは毎月行われます。スケジュールの詳細については先生またはOliviaさんまでお問い合わせください。

さらに、生徒の皆さんからの「日本でも英語を話す機会を持ちたい」、「英語を使いあえる仲間がほしい」というリクエストにお答えして、NAKAMA CANADAという企画がスタートするそうです。
既にバンクーバーやセブでのレッスンに参加された元生徒さんたち(バンクーバーでのレッスンを終えられ日本に帰国された/る方たちもいらっしゃいます)と現在バンクーバーやセブでのレッスンに参加されている生徒さんたちはもちろんのこと、これからバンクーバーやセブでのレッスンに新しく参加される方たちもNAKAMAとなり、Skypeメールを使って皆で話したり、対面でも話をすることができるようになります。
NAKAMA CANADAにはOliviaさんや先生も参加されます。
そちらへの参加を希望される方もHTC(Hybrid Trial lesson Conversation club;ハイブリッド体験英会話レッスン)のサイトからご連絡ください。



*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

コメント

非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

カナダから帰国して、現在は都内企業で英語を使って働いています。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「こんなのウソに決まってる、アリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになってますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ