私が見た海外でワーホリする日本人の実態

日本人がワーホリをする一番の目的は「英語が話せるようになること」、だと言う。

日本の学校教育では英語を暗記することしか教えないため、小中高(大)と普通に教育を受けても、英語が話せるようになる人など一人もいない。日本に住んでいたら、英語が話せなくても当たり前・・。だから海外に行って英語が話せるようになりたい!と、ワーホリに行く前の私も思っていた。

「海外に行ったら英語が話せるようになるはずだ」と、楽観的に考える一方で、「もし話せるようにならなかったらどうしよう・・」と不安に思ってもいた。だってワーホリで一年も海外にいて「英語は話せません」だったら、帰ってきて「えっ、何をしてきたの?」と言われてしまうことだろう。そう思うと怖くもあった。

・・おそらくワーホリをしたいと思っているほとんどの人は、同じように思っているはず。

けど、私が実際にカナダでワーホリして感じたことは、「ああ、ほとんどの人は海外にいると当初の目的を忘れてしまうんだなぁ」ということだった。

ワーホリで海外に住むとはいっても、実際来てみると日本人はあちこちにいる。そして日本語で利用できるサービスや飲食店もたくさんある。その環境に安心し、「身体は海外にあるにも関わらず、頭の中は日本のまま」となり、いつも日本人同士でつるみ、海外にいてもその土地のカルチャー/文化に関心を示さないどころか、もっと悪くすると蔑んだり馬鹿にしたりする人さえいる。

そんなことをしていても当然ながら、自分も、自分がいつも一緒にいる人たち(海外に英語を勉強して話せるようになるために来たはずの日本人)も、いつまで経っても英語が話せない。

でも「みんなと一緒だから」ということで、それを疑問にも思わない。

そうこうするうちに月日が経ち、帰国が間近に迫ると、英語が話せない状態に急に焦り始め、TOEICの勉強をしたり、図書館に通い詰めて参考書を広げたりする。 日本人の王道ワーホリの出来上がり、である。 (日本人が経験する、ワーホリの“王道”プランとは。

しかし残念ながら、(ここにもう何度も書いていることだけれど) TOEICの勉強とは英語を暗記することだ (TOEIC高得点だから英語話せる、は大間違い。を参照) し、参考書を丸暗記しても英語が話せるようには絶対ならない。

だからやっぱり英語は話せず、しまいにはカナダよりも語学学校(ESL)の学費が安いフィリピンに日本に帰る前に行って、そこで英語をまた勉強(暗記)する人さえいる。


今、日本で(というか世界のどこで)勉強しても英語が話せない日本人が、英語圏の国でワーホリをする一番の目的は「英語が話せるようになること」。

これが、「日本人が英語が話せる状態でワーホリに行くのが当たり前」になったらどうなるだろうか?

日本人が英語圏の国でワーホリする目的が「英語が話せるようになること」などではなく、 「現地で英語を使って働くこと」や「英語以外のことを英語を使って勉強すること」や「英語を使って趣味を極めること」なんかになったらどんなに面白いだろうかと、私は密かに思っているし、そうなることを願ってもいる。


***お知らせ***
私がバンクーバーで個人で英語を習い、あっという間に英語が話せるようになった先生のレッスンが、現在はバンクーバーだけでなくフィリピンでも行われています。
その名もイングリッシュ・ブートキャンプ ティーチャーズ ホームスティ( English Boot Camp Teachers Home Stay)と言い、私が習っていた先生のレッスンを1ヶ月間、集中的に受けることができるレッスンです。
今英語圏の国でのワーホリを考えておられる方は、英語が話せるようになってからワーホリに行けます。

◎イングリッシュ・ブートキャンプはフィリピンのセブ島で、月曜から金曜まで1人の生徒さんに2人の先生がつき、毎日7時間行われます。プラス、週末も別の先生が2人つき、毎日7時間、ずっと英語漬けの環境です。
つまり、1人の生徒さんに合計4人の先生がつきます。

◎レッスンの時間は、1週間で
月~金:1日7時間×5日=35時間
土&日:1日7時間×2日=14時間
の、合計49時間、
1ヶ月(4週間)では 49×4= 196 時間 のレッスンになります。

◎イングリッシュ・ブートキャンプは2015年の3月に開始され、6月、10月、2016年の2~3月に続き、次回が第5回目となります。

◎さらに滞在先は現地の先生方の一人のお宅に宿泊になります。
よって実質的に、朝起きてから夜寝るまでずっと英語に触れる環境になります。

◎レッスン費用には、毎日3回の食事日本からフィリピンへの往復航空券空港への送迎が含まれています。

◎フィリピンでのイングリッシュ・ブートキャンプを終えた後、1年以内にカナダかオーストラリアへのワーホリを考えていらっしゃる方は、
カナダでのレッスンが1ヶ月無料になる、
もしくは
・先生との「英語の面接」を受け、その英語の上達度合により、カナダまたはオーストラリアでのレッスン費用が最大40%割引になる、
このどちらかを選ぶことができます。

◎レッスンには宿題も暗記も教科書すらありません。
英語を暗記ではなく経験から学ぶ(「経験」が抜け落ちた英語学習で、英語は身につく?を参照)ので、とくに勉強している気はしないのに、1ヶ月後には英語が話せるようになっています。

★・・とは言え、どんなレッスンなのか、より詳細を知りたい方は、レッスンの窓口として、現在バンクーバー在住の元生徒さんとSkypeで直接お話ができます。
下の写真のJunさんは、私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生の同じレッスンを受けられ、現在バンクーバーに住んで2年目の日本人女性です。Junさんはレッスンの一環で行く旅行(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得を参照)にも参加されたことがあります。
Junさん
Junさんが更新しておられるfacebookのページはこちら→YCDI(You Can Do It)

また、下の写真のお二人は、バンクーバー在住5年目の日本人のご夫婦、陽子さんと哲平さんです。
YokoさんとTeppeiさん2
バンクーバーに長く住んでおられる、その視点から、バンクーバーでの生活や文化、もちろん英語についてもお話してくださいます。

最後に、バンクーバー在住の日本人男性で、カウンセラーかつ現在は英語も教えておられるEthan(イングリッシュネーム)さんも、カナダでのワーホリや英語のお悩みに関するカウンセリングをしてくださいます。Ethanさんの動画はこちら→世界中どこに行っても「ワーホリで仕事を見つけるのが難しい」、ワケ。

Junさん、陽子さん、哲平さん、Ethanさんとお話をされたい方はコメント欄からご連絡下さい。

★また、レッスンに参加される方(メンバーとなった方)は、既にフィリピンでのイングリッシュ・ブートキャンプやバンクーバーでのレッスンを終え、バンクーバーでワーホリをスタートされている生徒さん達(NAKAMA)ともお話ができます。

レッスンにご興味のある方、詳細を知りたい方はコメント欄からご連絡ください。
*これまでに先生にご連絡をされているにも関わらず先生からのメールがまだ届いていない方がおられましたらご一報ください。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生へ直接お願いします。)

*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

コメント

Re: No title

> 先生のキャンプに興味があります。詳細を教えて頂きたいです。

はじめまして、コメントありがとうございます。
メールをお送りしようとしましたが、アドレスが途中で切れてしまっているようでした。
アドレスをご明記の上、再度コメントいただけますでしょうか。
よろしくお願いします。
Coco

Re: No title

> こんばんは。
> ブログを拝見して、もう少しお話をお聞きしたいと思いました。
> 来年オーストラリアへワーホリを計画しています。

はじめまして、コメントありがとうございます。
メールをお送りしましたのでご確認ください。
Coco
非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

カナダから帰国して、現在は都内企業で英語を使って働いています。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「こんなのウソに決まってる、アリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになってますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ