英語を勉強しても進歩がないのは、あなたのせいではない。

ブログを書いていると、様々な方からコメントを頂く。
これから留学やワーホリで海外に行こうと思っている人はもちろん、すでに海外にいて英語に悩んでいる人からも。
海外にいて英語に悩んでいると言う人の共通点は、「語学学校に通っているのに英語が伸びない」ということで、これは自分も苦い経験があるだけに放っておけない気分になる。

(ワーホリをする前の私を含め)おそらく大半の日本人は、「ワーホリ=最初は語学学校に通う」のが「常識」で、学校に通いさえすれば英語が話せるようになると思っていることだと思うが、現実は違う。

日本の学校で何年英語を勉強しても話せるようにならなかったのに、場所だけ変えて海外で同じことをしたところで結果は同じだから。

学校の授業で教わることができるのは「単語や文法の暗記」なのであって、それで英語が話せるようにならないのは当然なのである。だって赤ちゃんが母国語を学ぶときに、いきなり単語や文法の暗記を始めたりするだろうか?


だからもし今、英語を一生懸命勉強しているのに進歩がないと悩んでいる人がいたとしたら、原因は「勉強の仕方が間違っていること」にあるのであって、こんなに勉強しても話せないなんて自分は何て頭が悪いのだろう、とか、自分を責めることのないように注意してほしい。

私はバンクーバーでESL(語学学校)に通っていた当時、ホストファミリーからしょっちゅう英語を笑われていたし、ESL(語学学校)のクラスメイトからは"Are you speaking English or Japanese? (英語を喋ってるのか日本語を喋ってるのかわからない)" とからかわれたり、カフェでコーヒー1杯買うのですら上手く言えず店員がレジをコツコツ叩きながら”何を言ってるのかわからない”とイライラされたり、学校の先生から”あなたは吃音障害があるから英語の発音がうまくできないのよ”と言われたりもした。
英語を教えるプロである(と信じていた)学校の教師からそんなことを言われた日には、「あー、こんなに英語に苦労するのは自分に原因があったのか・・。もう英語なんて諦めて日本に帰った方がいいのかな・・」と思い、涙が出た。

まだ日本にいた時には、「海外に行けば何とかなるだろう・・! 日本では英語を話す機会がないからわからないけど、案外通じるんじゃないの??」なんて楽天的に考えていた私だが、海外で実際に生活を始めてやっと、そんな考えは甘かったことがわかった。
しかしそんなこと海外に来てしまってからわかっても「後の祭り」である。

もうあとほんの少しでも、英語を単語や文法の暗記から学ぶことを止めるのが遅くなっていたら、私は英語を話すことが本当に嫌になって、カナダにいるのに引きこもってしまうことになっていたかもしれない、と思う。

だからもし今、昔の私と同じように、「こんなに頑張って英語を勉強しているのに話せるようにならないのはなぜなのか」と悩んでいる人がいたとしたら、その勉強が暗記である限りはどんなに頑張っても話せるようにならないのは当たり前なので、自分を責める前に勉強の仕方を見直そうというのが、私のアドバイスである。


留学先で私と同じ思いをする人が、一人でも減ればいいな、と思う。


***お知らせ***
◎英語を、単語や文法を暗記するのではなく、英語のカルチャー/文化から学ぶことができる、私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生のレッスンが、現在はバンクーバーだけでなく、フィリピン、日本、中国、オーストラリアでも行われており(オーストラリアは準備中とのこと)、さらにオンラインでも受けられるようになっています。

◎先月末から今月中旬にかけて、英語を勉強されている方・海外へワーホリや留学をされる方へ向けた先生の無料相談会が中国とフィリピンと日本にて開催行われています。 先生の来日の都合と参加者の方のご都合により、日本での相談会は7月17日(日)~20日(水)、東京・大阪・京都で開催です。オンラインでの参加も可能です。

・海外に行ってみたいが自信がない
・英語を話すのが恥ずかしい
・留学やワーホリをする予定だが、ろくに英語も話せずに帰国することになるのではないかと不安
・王道ではないワーホリがしたい日本人が経験する、ワーホリの“王道”プランとは。を参照)
・仕事や趣味のため英語を勉強しているが進歩を感じられない
すべての方が対象になっています。ご興味のある方はコメント欄からご一報ください。追って詳細をご連絡します。

下は、2014年冬に東京・京都・福岡で行われた説明会の写真です。
東京説明会 京都説明会 福岡説明会

動画はここからご覧ください。
12月東京、レッスン説明会の写真と動画
12月京都、レッスン説明会の写真と動画
12月福岡、レッスン説明会の写真と動画


◎先生のレッスンでは、「②読み書き→①話す」の不自然で難しい順番ではなく、子どもの頃には誰もが自然に行っていた「①話す→②読み書き」の順で英語を学ぶため、誰でも短期間で英語が話せるという実感がもてるようになります。(日本人が間違えがちな英語を勉強する「順番」。

◎先生のレッスンでは、英語を暗記することは一切しません。
暗記どころか、レッスンでは教科書もノートも使いませんし、宿題もありません。
教科書もノートも宿題もなく暗記もせずに英語が話せるようになるという証拠がほしい方は、コメント欄からご連絡ください。

◎先生のレッスンでは、"Don't study English but improve English!"(英語は勉強するな、でも上達させよう!)というモットーの元、英語の単語や文法を暗記するのではなく、英語のカルチャー/文化から学ぶため、授業の一環として北米や南米を旅行することもあります。(旅行は強制ではありません)(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得を参照。)

下は、13回目のグランドキャニオン旅行での写真です。今回は8人の生徒さんが参加されました。
グランドキャニオン旅行18

グランドキャニオン旅行17

グランドキャニオン旅行16

グランドキャニオン旅行19

グランドキャニオン旅行20

グランドキャニオン旅行21


◎レッスンに参加される前には、先生と下記でご紹介しているJunさんから、Skypeで無料カウンセリングを受けることが可能です。

◎レッスンに参加することが決定された方(メンバーとなられた方)は、既にフィリピンでのイングリッシュ・ブートキャンプやバンクーバーでのレッスンを終え、バンクーバーでワーホリをスタートされている生徒さん達(NAKAMA)ともお話ができます。


★レッスンについて詳細を知りたい方は、レッスンの窓口として、現在バンクーバー在住の元生徒さんとSkypeで直接お話ができます。
下の写真のJunさんは、私がバンクーバーで英語を個人で習っていた先生の同じレッスンを受けられ、現在バンクーバーに住んで2年目の日本人女性です。Junさんはレッスンの一環で行く旅行(“リアルな経験”の中で生きた英語を習得を参照)にも参加されたことがあります。
Junさん
Junさんが更新しておられるfacebookのページはこちら→YCDI(You Can Do It)
また、下の写真のお二人は、バンクーバー在住5年目の日本人のご夫婦、陽子さんと哲平さんです。
YokoさんとTeppeiさん2
バンクーバーに長く住んでおられる、その視点から、バンクーバーでの生活や文化、もちろん英語についてもお話してくださいます。
最後に、バンクーバー在住の日本人男性で、カウンセラーかつ現在は英語も教えておられるEthan(イングリッシュネーム)さんも、カナダでのワーホリや英語のお悩みに関するカウンセリングをしてくださいます。Ethanさんの動画はこちら→世界中どこに行っても「ワーホリで仕事を見つけるのが難しい」、ワケ。

Junさん、陽子さん、哲平さん、Ethanさんとお話をされたい方もコメント欄からご連絡下さい。

*これまでに先生にご連絡をされているにも関わらず先生からのメールがまだ届いていない方がおられましたらご一報ください。(私は先生の代理人でもなければ先生のオフィスの人間でもないので、レッスンの場所、日程や費用などに関するご質問は先生へ直接お願いします。)

*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメント

非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ