どんなに英単語や文法を暗記しても英語に自信がつかない理由。

「英語は時間をかけて勉強するのが当り前」だと思っていませんか?


一般的に言って、日本では「英語を勉強する」ということは、イコール「単語と文法を覚えること」だと思われている。
理由は単純で、日本では明治の昔から伝統的に、英語の読み書きを重視する学校教育が行われてきているから。
明治から変わらぬ、日本人の「英語の勉強の仕方。」を参照。)

だから(カナダ・バンクーバーでワーホリする前の私を含め)日本で生まれて日本で英語教育を受けた人は、「英語の勉強=単語と文法の暗記」だと自動的に思うようになる。

中学から英語の勉強が始まると、ここで単語と文法の暗記を3年間行い、
そのまま高校でも同じことが続く。
ここまでで合計6年間。

そして人によっては大学でも、さらには社会人になっても英語を勉強し続け、「英語学習歴10年」「20年」「30年」・・・。

日本人にとって英語を長く勉強するのは珍しいことでもなんでもなく、「当り前」だとすら思われている。

でも普通、10年以上も何かを続けて、それなのに身につかない(自信をもてない)ものがあったら、とっくにそんなもの嫌になってやめているはず。

なのに英語に関しては、学校教育のおかげで、何年も時間をかけて勉強することにすっかり慣れてしまうものだから、
たとえ自分がそれにかけている時間やお金に対し得られているものがどんなに少なかろうが、
とくに疑問をもつこともなく、その「すでに慣れている勉強」を続ける。

何年も時間をかけているのに英語に自信がつかない理由ははっきりしている


私がカナダでワーホリをして、英語を語学学校(ESL)で勉強しても自分が英語を話せているとは到底思えず、その後英語のレッスンを個人で受けて学んだことは、「単語と文法の暗記という英語の仕方」ではたとえ一生をかけたところで英語という言語の学習領域の半分にも到達できないということであった。

すでにここに何度も書いてきたことだが、英語(だけでなく世界のすべての言語。もちろん日本語も。)は5つの学習領域から成り立っている。(英語を効果的に勉強する

1.文化/カルチャー (そこに住んでいる人たちの考え方や価値観、行動、人と人との関係性のこと。)
2.言語音楽 (アクセントや発音・イントネーションなどのこと)、
3.スピーチスキル/話し言葉のテクニック (世界中のどの言語にも共通して存在しているが、教科書にも書いていないし、学校や親から教えられることもない。成長する中で自然に学び、いつの間にか私たちが口を開く時には意識することなくいつも使っている言葉。例えばwell/ええと・・ といった言葉)
4.文法
5.単語

このうち日本式英語学習で勉強できるのは最後の4と5だけ。
つまり、日本人のほとんどは6年以上もの時間をかけて、英語のごくごく限られた一部しか学んでいないということになる。
6年以上もの時間をかけて、割合としては「20%」ほどにしかならない。
下は学習領域それぞれの割合をグラフにしたものである。

世界中の言語の学習領域


・・・日本式の英語学習(単語と文法しか勉強しない)でどんなに時間をかけようが、英語に自信がもてるようにはならず、
それどころかいつしか「こんなに勉強しても身につかないなんて、英語ってなんて難しいんだ・・!」と思うようにすらなる。

どんなに”頑張って”勉強したところで、「20%」しか学んでおらず、しかもそれについて無自覚であるため、
ワーホリや留学で英語圏の国に行って初めて、
自分の英語が思っていた以上に通じないこと、ネイティブスピーカーの英語が聞き取れないことに気づき、ショックを受ける。


日本で英語の単語と文法「以外の領域」を学ぶ方法


どんなに単語と文法を勉強し続けても、英語の学習領域の20%しか学べないが、
それはつまり「単語と文法以外」を学ぶことができれば、
日本にいながらにして英語の学習領域を広げていくことは可能だということでもある。

実際に、日本にいる間から「単語と文法以外」を学んだ人たちが、
カナダに着いてすぐに一人で問題なく銀行で口座を作ったり、携帯の契約をしたり、
フィリピンでプロの英語の先生たちを、自信をもって英語を話していることで驚かせたりしている。

6年も10年も20年もかけて英語を勉強しているのに自信がつかない。

だとしたら、まず自分の勉強法を見直してみることが必要ではないだろうか。


***お知らせ***
私がカナダのバンクーバーで英語を個人で学んだレッスンと同じ内容、
日本にいながらにして「英語の単語と文法以外」が学べる
English Boot Camp ONLINEが開講中です。
1週間に1回、1回1時間×3ヶ月(全12回)で、単語でも文法でもない、
3.スピーチスキル/話し言葉のテクニック (世界中のどの言語にも共通して存在しているが、教科書にも書いていないし、学校や親から教えられることもない。成長する中で自然に学び、いつの間にか私たちが口を開く時には意識することなくいつも使っている言葉。例えばwell/ええと・・ といった言葉)が学べます。

スピーチスキル/話し言葉のテクニックは全部で13種類あり、1週間に1回、1回1時間×3ヶ月(全12回)ですべてマスターします。

レッスンはSkypeを使って行い、グループレッスンです。
毎週都内でトライアルレッスンも行っています。

**********
下は、現在フィリピン・セブ島でレッスンを受けておられる生徒さん達の写真です。
フィリピンでのレッスンは、その名もイングリッシュ・ブートキャンプ ティーチャーズ ホームスティ( English Boot Camp Teachers Home Stay)と言い、1ヶ月間セブ島で集中的に英語を学べるコースです。

English-Boot-Camp-CEBU-2017Mar-9

English-Boot-Cam8p-CEBU-2017Mar-6

English-Boot-Camp-CEBU-2017Mar-8


**********

レッスンにご興味がある方、トライアルレッスンを受けてみたい方、留学やワーホリを考えておられる方は、先生と現在バンクーバー滞在2年目の日本人の元生徒さん(Junさん)から、オンラインで無料カウンセリングも受けられます。
Junさんが更新しておられるfacebookページはこちら→YCDI "Let's Speak English"

東京都内であれば筆者であるCocoが直接お会いしてお話させて頂いています。

コメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

*ご連絡いただいた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.アンケートの回答をいただきましたら、先生とJunさんに頂いたアンケートとご連絡先を転送します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン無料カウンセリングの日時をご相談の上決定します。





    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 ブログランキング・にほんブログ村へ
 

コメント

非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

カナダから帰国して、現在は都内企業で英語を使って働いています。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「こんなのウソに決まってる、アリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになってますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ