英語が話せないままワーホリを始める人と、話せる状態で始める人の、違い。

A:英語が話せないままワーホリを始めるケース


私がカナダのバンクーバーでワーホリを始めて2ヶ月目の頃。
当時はダウンタウンの語学学校(ESL)に通っていて、
毎日、家(ホームスティ先)と学校との往復。
放課後は時々図書館やカフェに寄って勉強。
休日まで図書館に行って勉強したりしていた。
・・だって本当に英語が話せるようになりたかったから。

でも自分では一生懸命英語を「勉強」しているはずなのに、
それに比例して英語が話せるようになっているとは到底思えず、
焦りと不安がどんどん膨らんでいた。

語学学校(ESL)は3ヵ月での契約だったから、残りはあと1ヶ月。
「3ヶ月ぐらい学校に行けば話せるようになりますよ」って留学エージェントの人には言われていたけど、
あと1ヶ月後に「英語が話せている自分」が、その時全く想像できなかった。。

そして、それから1ヶ月後、いよいよ語学学校を卒業する日を迎えた。
案の定、英語が話せるようにはなっていなかった。

自分と同じ頃に入学して、同じ日に卒業を迎えていた日本人や韓国人のクラスメイト(語学学校は大体毎週月曜日スタートの週or月単位での契約である)にも
”卒業して、これからどうするの?”
と聞いてみたのだが、
”英語がまだ上手く話せないので、他の語学学校に移ってまた数ヶ月通う”、とか言う人も結構、いた。
(これを私は語学学校ジプシーと呼んでいる。)


(自分も含め)多くのワーホリメーカーは、ほとんど英語が話せない状態でワーホリを始める。
「ワーホリならまずは語学学校(ESL)に3ヶ月くらい行ってから、ジャパレスやカフェなどで働いて・・」
というのが一般的だから、
そして、「みんながそうしているから」。
(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)

多くの人は英語が話せないまま海外生活を始めることに対して、それほど危機感を持っていない。
そして、現地に着いて初めて、想像以上に自分が英語でコミュニケーションが取れないことに、驚く。

学校に通って英語を勉強しても、そこでしていることは日本で散々してきたこと(単語や文法やイディオムの暗記とリスニング)を
今度は日本人の先生ではなくネイティブの先生から、
日本語で説明が載っている教科書ではなくすべてが英語のテキストを使って、
また英語で繰り返すだけ。

そのため
INPUT(単語や文法やイディオムの暗記とリスニング)の力はついても、
OUTPUT(スピーキング)は、いつまで経っても、難しい。

日が経つにつれ、
英語に自信がどんどん無くなっていってホームシックになったり。
開き直って常に日本人同士でつるむようになったり。。

だから、日本には「ワーホリして英語が話せるようになった」と言う人が、滅多にいない。
(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。を参照。)

B:英語が話せる(現地の人と英語でコミュニケーションできる)状態でワーホリを始めるケース


一方、中には英語が話せる状態でワーホリを始める人もいる。
私がカナダのバンクーバーでワーホリ中、語学学校(ESL)に3ヶ月通っても自分が英語を話せているとは思えず、
その後英語を「暗記なし・教科書なし・宿題なし」の方法で学んだところ、
今度は3ヶ月経つ頃には現地の人とも臆せず会話が楽しめるようになっていた。

そのレッスンを、日本にいる間から3ヶ月間オンライン(Skype)で学んだり(下の*お知らせ*内に詳細を載せています)、
フィリピンのEnglish Boot Camp Philippines(イングリッシュブートキャンプ)で1ヶ月学んだりすることで、
カナダに着いたらすぐに英語を使って一人で
銀行で口座を作ったり、
携帯の契約をしたり、
複数の英語を使う仕事に応募してジョブオファーをもらったり、
興味がある分野のボランティアを現地の人と一緒にしたり、
現地の人と交流して、仲良くなったり。

(「ESLでは無理だと思った」、カナダでワーホリ2ヶ月目の生徒さん(Kさん)からの感想。 を参照。)

繰り返しになるが、私がバンクーバーでワーホリを始めて2ヶ月の頃は、
毎日、家(ホームスティ先)と学校との往復で、
英語の勉強(暗記)を必死にしているのに、英語が話せているという気がせず、
「このまま英語が話せないままだったらどうしよう・・」と、
焦りと不安がどんどん膨らんでいた。
ネイティブの友達なんて一人もいないし、そもそもネイティブと会話が続かない。
英語を使って仕事、なんて、夢のまた夢、という気がしていた。

それは、3ヶ月経って語学学校(ESL)を卒業する頃にも何一つ変わっていなかったし、もしその後英語を個人で学ぶようになっていなかったら、英語が話せないままワーホリを終えていた可能性も大いにある。


・・・さてあなたなら
A:英語が話せないままワーホリを始めるケース

B:英語が話せる(現地の人と英語でコミュニケーションできる)状態でワーホリを始めるケース
の、
どちらがよいだろうか?


******
先日感想を頂いたKさんの他にも、私がバンクーバーで英語を個人で習っていた同じレッスンを修了された、Hさんという方のワーホリ(ケースB)についてご紹介します。
Hさんは昨年、“リアルな経験”の中で生きた英語を習得にもある、言語旅行(English Expedition. 1人以上の先生が同行し、英語を話しっぱなしの旅行。道中の参加者同士の会話はもちろん、現地の人たちにも積極的に話しかけ、レッスンで習ったことを使っていく。さらにレストランでのメニューのオーダーや、宿泊先の手配、道中のドライブなども、すべて自分たちでするので、英語を実践的に使い、自信を高める)
も含まれた、
1)マチュピチュやウユニ塩湖など南米を巡る旅行+カナダでのレッスン(3on1.3人の先生が1人の生徒さんを担当されるコース)にレッスン費用が最大半額になるキャンペーン中に申し込まれ、
今年からカナダでのワーホリをスタートされたそうです。
Machu_Picchu_1
ペルー・マチュピチュ1
HさんもKさんと同様、語学学校(ESL)には全く行かれたことがなく、カナダに着いてすぐにレッスンをスタートされ、3ヶ月のレッスンが終了する頃にはカナダ人のboy friendがおり、英語を使う仕事を2つ始められていました。
さらにカナダ人のfemale friend (女友達。Hさんにとっては、同性のネイティブの友達。普通、英語がそれほど話せなくても、異性のネイティブであれば仲良くなるのもそれほど難しくなかったりします。が、同性のネイティブと友達になるのはなかなか難しいものです。それをHさんは軽々クリアされました)
もでき、日本とカナダの文化/カルチャーの違いについて話し合ったり、日常生活について相談によくのってもらっているそうです。


*****お知らせ*****
【重要】
私がカナダで個人で英語を学んだ先生が、6/23(金)~25(日)に日本にいらっしゃいます。
それに合わせ、同日ワーホリ・留学を予定されている方へ向けた説明会が開催されます。
私も参加予定です。

参加を希望される方は、コメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

******

日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。にも書いている
①何はともあれまずは語学学校で英語を「勉強(=暗記)」。(どの留学エージェントも申し合わせたようになぜか「まずは3ヶ月」と言う。)

②学校に使ったお金を取り戻すべく、また旅行代を貯めるべく、レストランやカフェでバイト。

③カナダやアメリカを旅行。

④とは言えたった1年で英語が話せるようになるのは相当「難しい」ので、英語が話せないかわりに「せめて」TOEICは・・・ということで、帰国前の1~2ヶ月はまた「勉強」してTOEICを受験。

⑤帰国。

という「ワーホリの王道パターン」を辿らないために、
日本にいる間に英語を伸ばし、現地で英語に悩まないで済まないようにするために、
ワーホリや留学を考えている方に向けたプランができました。

**********

ポイント①日本にいる間に3ヶ月間、毎週オンラインのマンツーマンレッスン(グループレッスンではありません)で英語を学びます。
学び方は、私がカナダのバンクーバーで英語を学んだのと同じ方法で、「暗記なし・教材なし・宿題なし」で、英語を効果的に勉強するにある言語の5つのパートの中の3番目、スピーチスキル/話し方の技術(世界中のどの言語にも共通して存在しているが、教科書にも書いていないし、学校や親から教えられることもない。成長する中で自然に学び、いつの間にか私たちが口を開く時には意識することなくいつも使っている話し方。)を主に学びます。
これで日本にいる間に、海外に行っても大丈夫だという自信をつけます。

ポイント②その後カナダ現地で英語を3ヶ月、先生と先生が1人ずつのマンツーマンで、今度はスピーチスキル/話し方の技術以外の
文化/カルチャー (そこに住んでいる人たちの考え方や価値観、行動、人と人との関係性のこと。)
言語音楽 (アクセントや発音・イントネーションなどのこと)、
文法
単語
の部分を集中的に学びます。

すでに日本にいる間にレッスンを受けられ、カナダに着いて数週間で英語を使う仕事を複数得た生徒さんも実際にいらっしゃいます(レッスンで英語での面接に向けたトレーニングなども行います)し、カナダ現地企業への就職など、それぞれの目標を叶えていらっしゃる生徒さんが何人もいらっしゃいます。先月バンクーバーに着いたある生徒さんは、ワーホリで既に現地企業で働き始め、会社の車を運転しておられるそうです。

TOEICの勉強などする間でもなく、日本に帰国後も英語のスキルを使って仕事をするのに困らないレベルになっていることを保証します。


[ワーホリを考えている方対象のオンライン&オフラインレッスンの詳細]
費用:5,500 USD
期間:6ヶ月間
レッスン形態:
ポイント①:日本にいる間に3ヶ月、毎週オンラインの、先生と先生が1人ずつのマンツーマンレッスンでスピーチスキル/話し方の技術を習得します。

ポイント②:カナダ現地で英語を3ヶ月、マンツーマンレッスンで、スピーチスキル/話し方の技術以外の
文化/カルチャー(そこに住んでいる人たちの考え方や価値観、行動、人と人との関係性のこと。)
言語音楽
文法
単語
を学びます。(レッスンは1人の生徒さんにつき2人の先生が担当します。これにより、より多様な英語の発音や英語の話し方に早く慣れることができます。2人の先生が担当されますが、1回のレッスンにつかれる先生は毎回1人です。)
カナダ現地で、英語圏の国で英語を使って働くための特別トレーニング(ビジネスイングリッシュやビジネスの現場での文化的慣習の違いについて学び、現地での英語の面接に合格するためのトレーニング)も受けます。



出発前に英語を上達させ、現地で本当に自分が就きたい仕事をするためのコースです。そのため日本にいる間から3ヶ月英語を学び、海外で働くための準備をします。

**********
他、カナダ現地で受講できるレッスンとして、
4on1(先生が4人で生徒が1人。先生の人数の方が多いです)で、
月~金の毎日3時間以上のレッスンが900ドル/月で受けられるコースもあります。


4人の先生方がそれぞれ
(1)【スピーチスキル/話し方の技術
(2)【文法】 (文法も「技術」を使うので暗記はしません)
(3)【OUTPUT】 (英会話の技術や文法をコンビネーションで使えるようトレーニング)
(4)【INPUT】 (使える英単語を増やすトレーニング。単語も「技術」を使うので、暗記はしません)
を1分野ずつ担当され、
生徒さんお一人お一人の英語のレベルや性格なども考慮した個別(Individual)レッスンになっています。

→日本でもオンライン(Skype)を使って4on1のレッスンが受講できるようになりました。

**********

私がカナダで受けていた英語のレッスンにご興味がある方、体験レッスンを受けてみたい方、留学やワーホリを考えておられる方は、先生とJunさんからオンラインで無料カウンセリングも受けられます。

東京都内であれば筆者である私Cocoが直接お会いしてお話することも可能です。

コメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。


なお、希望される方は、私がバンクーバーで受けていた個人レッスンをフィリピンで1ヶ月受けられた後、現在バンクーバーでワーホリ中のKさんとSkypeまたはLINEを使ってお話することもできます。
Kさんの感想はこちら↓
「ESLでは無理だと思った」、カナダでワーホリ2ヶ月目の生徒さん(Kさん)からの感想。


*ご連絡いただいた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.アンケートの回答をいただきましたら、先生とJunさんに頂いたアンケートとご連絡先を転送します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン無料カウンセリングの日時をご相談の上決定します。




    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 ブログランキング・にほんブログ村へ
 

コメント

非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ