「ネイティブが話してることは分かる、でもネイティブみたいには話せない」理由?

「日本で英語を勉強している」人も「海外で英語を勉強している人」も、同じように悩んでいる。



「日本で英語を勉強している」人、そして「海外で英語を勉強している人」からも、よく聞く。

「ネイティブが何を言っているのかは、大体はわかる。
わかるけど、でも自分が彼らと同じように話せるかと言うと・・・難しい」、と。

私もカナダのバンクーバーでワーホリを始めて語学学校(ESL)に通っていたとき、まさに同じことを思っていた。

平日は毎日ESLで朝から夕方まで英語を勉強し、休日も図書館に行ったりして英語を勉強していたが、
しかし勉強量に比例して英語が伸びているとは、到底思えなかった。

”留学生の英語”に慣れている学校の先生となら話ができても、
一歩学校の外に出ると、自分の英語が通じない。

ネイティブと話す機会があると、頑張ってできるだけ多く喋ろうとはしてみるのだが、
自分の名前、どこから来たのか、なぜカナダに来たのか、学生か、日本ではどんな仕事をしていたのか、など、
定番の質問に対してはスラスラ答えられても、
そこから違う話になると・・・ついていけなかった。

言いたいことはあるのだが、それを何と表現したらよいのかわからないし、
勇気を持って言葉にしてみても、伝わらなかったりして、
英語を話そうとする時は、大体いつも5歳くらいの子どもに戻ったような気がしていた。
英語で話すとき、「小さなこどもに戻ったような気がする・・」ワケ。を参照。)

自分は20歳を超えた大人なのに、英語が上手く話せないというだけで、
会話の相手から子ども扱いされていると感じたり、もしくは見下した態度を取られることも、あった。
(英語が話せるようになって初めて「見える」ようになったこと。)

バンクーバーでESLに通っていた時は、
「お金も時間もかけてカナダまで来て、毎日英語を勉強しているのに話せるようにならないなんて、自分は頭が悪いのではないか?」と悩んでいたし、
「これだけ勉強しているのに話せるようにならないのなら、もう英語なんて諦めて帰国した方がよいのではないか」
と思うことさえあった。

しかし今となっては、当時の悩んでいた自分や、そして今ESLに通っていて英語に自信がつかず悩んでいる人に、もし言えるとしたなら、
「それは英語をINPUT=暗記ばかりして、OUTPUTの勉強はしてないに等しいのだから、話すのが難しくて当然だよ・・」と、肩をポンポンとしてあげたいくらいである。

あなたは英語のOUTPUTをどれくらい勉強していますか?


「今まで英語を勉強してきた甲斐があり、ネイティブが何を言っているのかは、大体わかる。でも自分ではネイティブのようには話せない。自分が話す番になると、言いたいことの10~20%くらいしか言えない」。

その原因は、今までしてきた英語の勉強にOUTPUT(頭の中にある英語の知識を実際に使うこと)がないことにある。

日本の学校教育はもちろん、海外の語学学校(ESL)でも、英語学習の方法は暗記、つまりINPUT(知識を頭に入れること)ばかりに焦点が置かれている。

単語に文法にイディオムに、フレーズ。
教材を使ってたくさんの英語の知識を覚える。

しかしその後は、覚えたことが現実の会話の中で(偶然)使われるのをただ待つだけになっていないだろうか?

私はバンクーバーでESLに通っていた頃、ひたすら英語を暗記していたが、
学校の外でいざ英語を話そうとすると、暗記したはずの英語の、数%しか使えていないような気がしていた。

INPUTはできても、OUTPUTはほとんどできていなかった。


ネイティブの話を聞き取り、ネイティブと同じように話すための、「技術」。


きっと英語を長く勉強してきた人は、単語や文法の、一つ一つの意味はわかるはず。
しかし一つ一つの意味はわかっても、それらをどのように長くて複雑でかつ大人っぽく聞こえる一つの文章として配置し、自分の考えや気持ちをフルに表現したらよいのかがわからないのではないだろうか。

私も同様にこの悩みをもっていたが、バンクーバーでESLに3ヶ月通っても英語に自信がなく、その後受けるようになったマンツーマンの英語レッスンでスピーチスキル/話し方の技術を習ってから変わった。

このスピーチスキルは13種類あって、地球上のどの言語にも共通して存在している。
もちろん日本語にも日本語のスピーチスキルがあるし、フランス語にはフランス語のスピーチスキル
中国語には中国語のスピーチスキルが存在する。

大人はこのスピーチスキルを使って話しているからこそ、自分の考えや意見や気持ちをフルに表現できる。
そして自分の考えや意見や気持ちをフルに表現できるということは、自分のキャラ(性格)をも表現できる、ということである。

だから、一度英語のスピーチスキルを習得すると、英語を話す度に「小さな子どもになったような気がする・・」なんていうことはなくなる。

母国語を話す時と同じように英語でも自分の考えや気持ち、意見、キャラを表現できるようになるから、英語に自信がついていく。

さらに、このスピーチスキルを習うと、映画やテレビや動画を観ている時、ラジオやipodを聴いている時、もちろんネイティブと英語で話している時などに、スピーチスキルが聞き取れるようにもなってくる。


だから私はバンクーバーで英語をマンツーマンで習い始め、このスピーチスキルを習って以降、ネイティブと話をするのがどんどん楽しみになっていった。

ネイティブと会話する中で、「あ、このスキルってこういう言い方もできるんだ!」と気づいたら、早速自分も使ってみるようにしていた。

バンクーバーの図書館やカフェやホームスティ先の部屋の中で一人、うんうん唸りながら単語や文法やイディオムを暗記するよりも、誰かと話しながら英語を上達させる方がずっと楽だったし、「楽しい」、と思えた。

そしてその「暗記をしない英語の勉強法」に一旦慣れると、「もう暗記するだけの英語の勉強には戻れない(辛すぎる)・・」とさえ思ったもので、実際にそれ以降は英語の暗記はすることなく、今日に至っている。



*****お知らせ*****
私はカナダのバンクーバーでワーホリ中、始め語学学校(ESL)に3ヶ月通いましたがそこでは英語が話せるようにはならなかったため、知り合いから聞いて、英会話スクールともESLとも違う、「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」で英語を学ぶ、マンツーマンの英語レッスンを受けるようになりました。(レッスンについては英語を効果的に勉強するを参照。)
そして3ヶ月後には、英語で現地の人とも会話が楽しめるようになっていただけでなく、現地の人か英語が「自然」だと褒められたり、「カナダに来る前には英語が話せなかった」と言うと驚かれるようにもなっていました。

私がバンクーバーでレッスンを受けていた時は、先生がお一人で、バンクーバーだけで教えておられましたが、
5年が経った今は複数の先生がおられ、レッスンを受けられる場所も、カナダ・オーストラリア・フィリピン・日本(オンライン)と大きく広がっています。
(フィリピンでのレッスンを経て、現在カナダでワーホリ中、インスタやTwitterでも情報を発信しておられるAmiさんがブログも始められました!→My life

ワーホリや留学など、海外に行ってから英語の勉強をスタートするのではなく、
→海外に行く前、日本にいる間から、英語の暗記ではなく、英語を使って実際に話すための自信をつけていくことができるようになっています。

レッスンプログラムには、ワーホリのサポート(ビザの申請+航空券の取得に関するアドバイス+空港ピックアップ+現地滞在先の確保)や
カナダで英語を使う仕事をするためのjobトレーニング(履歴書の書き方から応募の仕方、面接の受け方までをトータルでトレーニング)が付いたコースもあります。


私がバンクーバーで受けていた、「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」で英語を学ぶ、マンツーマンの英語レッスン(英語を効果的に勉強する)にご興味がある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

今年の春からバンクーバーでワーホリ中、到着直後から英語を使って仕事したり、現地コミュニティで友達を作ったりと、カナダ生活を満喫されている日本人の元生徒さんとも、Skypeで直接お話することができます。

*********
日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。にも書いている
①何はともあれまずは語学学校で英語を「勉強(=暗記)」。(どの留学エージェントも申し合わせたようになぜか「まずは3ヶ月」と言う。)

②学校に使ったお金を取り戻すべく、また旅行代を貯めるべく、レストランやカフェでバイト。

③カナダやアメリカを旅行。

④とは言えたった1年で英語が話せるようになるのは相当「難しい」ので、英語が話せないかわりに「せめて」TOEICは・・・ということで、帰国前の1~2ヶ月はまた「勉強」してTOEICを受験。

⑤帰国。

という「ワーホリの王道パターン」を辿らないために、
日本にいる間に英語を伸ばし、現地で英語に悩まないで済まないようにするために、
ワーホリや留学を考えている方に向けたプランができました。


ポイント①日本にいる間に3ヶ月間、毎週オンラインのマンツーマンレッスン(グループレッスンではありません)で英語を学びます。
学び方は、私がカナダのバンクーバーで英語を学んだのと同じ方法で、「暗記なし・教材なし・宿題なし」で、英語を効果的に勉強するにある言語の5つのパートの中の3番目、スピーチスキル/話し方の技術(世界中のどの言語にも共通して存在しているが、教科書にも書いていないし、学校や親から教えられることもない。成長する中で自然に学び、いつの間にか私たちが口を開く時には意識することなくいつも使っている話し方。)を主に学びます。
これで日本にいる間に、海外に行っても大丈夫だという自信をつけます。

ポイント②その後カナダ現地で英語を3ヶ月、先生と先生が1人ずつのマンツーマンで、今度はスピーチスキル/話し方の技術以外の
文化/カルチャー (そこに住んでいる人たちの考え方や価値観、行動、人と人との関係性のこと。)
言語音楽 (アクセントや発音・イントネーションなどのこと)、
文法
単語
の部分を集中的に学びます。

すでに日本にいる間にレッスンを受けられ、カナダに着いて数週間で英語を使う仕事を複数得た生徒さんも実際にいらっしゃいます(レッスンで英語での面接に向けたトレーニングなども行います)し、カナダ現地企業への就職など、それぞれの目標を叶えていらっしゃる生徒さんが何人もいらっしゃいます。

TOEICの勉強などする間でもなく、日本に帰国後も英語のスキルを使って仕事をするのに困らないレベルになっていることを保証します。
TOEICスコア


[ワーホリを考えている方対象のオンライン&オフラインレッスンの詳細]
費用:5,500 USD
期間:6ヶ月間
レッスン形態:
ポイント①:日本にいる間に3ヶ月、毎週オンラインの、先生と先生が1人ずつのマンツーマンレッスンでスピーチスキル/話し方の技術を習得します。

ポイント②:カナダ現地で英語を3ヶ月、マンツーマンレッスンで、スピーチスキル/話し方の技術以外の
文化/カルチャー(そこに住んでいる人たちの考え方や価値観、行動、人と人との関係性のこと。)
言語音楽
文法
単語
を学びます。(レッスンは1人の生徒さんにつき2人の先生が担当します。これにより、より多様な英語の発音や英語の話し方に早く慣れることができます。2人の先生が担当されますが、1回のレッスンにつかれる先生は毎回1人です。)
カナダ現地で、英語圏の国で英語を使って働くための特別トレーニング(ビジネスイングリッシュやビジネスの現場での文化的慣習の違いについて学び、現地での英語の面接に合格するためのトレーニング)も受けます。


出発前に英語を上達させ、現地で本当に自分が就きたい仕事をするためのコースです。そのため日本にいる間から3ヶ月英語を学び、海外で働くための準備をします。

***重要***
さらにこれからレッスンへ参加される方は、9月末日までの期間限定、レッスンの費用が最大50%OFFになるSUMMER割引が受けられるコースもあるそうです。

【SUMMER割引のお知らせ】

9/30(土)までに参加申し込みをされる方限定、
カナダ、アメリカ、南米(マチュピチュやウユニ塩湖など)を先生や他の生徒さん達と一緒に横/縦断する旅行(旅行中はもちろんずっと英語を喋りっぱなし。旅行参加者同士の会話はもちろん、現地の人たちにも積極的に話しかけ、レッスンで習ったことを使っていく)も入った英語のレッスンが、最大半額で受けられるそうです。


(旅行については、“リアルな経験”の中で生きた英語を習得を参照)

南アメリカ旅行_マチュピチュ1
↑今月、南米・ペルーのマチュピチュを生徒さん達と訪れた時の先生

南アメリカ旅行_マチュピチュ4
↑南米はスペイン語圏の国が多いです。

南アメリカ旅行_マチュピチュ5
↑そのため、生徒さん達は道中スペイン語も見聞きして話されたりするそうです。


*******

ご興味のある方はコメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。



LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

レッスンにご興味がある方、留学やワーホリを考えておられる方は、先生と現在バンクーバー滞在2年目で現在はカウンセラーをされている日本人の元生徒さん(Junさん)から、オンラインで無料カウンセリングも受けられます。
Junさんが更新しておられるfacebookページはこちら→YCDI "Let's Speak English"


*ご連絡いただいた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.アンケートの回答をいただきましたら、先生と日本人カウンセラーのJunさんに頂いたアンケートとご連絡先を転送します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン(Skype)で無料カウンセリングと無料体験レッスンの日時をご相談の上決定します。
4.現在バンクーバーでワーホリ中の日本人の元生徒さんともSkypeでお話することができます。



百聞は一見に如かず。
現在進行形でカナダ生活を満喫しておられるワーホリメーカーの話を、直に聞いてみてください。



    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 ブログランキング・にほんブログ村へ
 

コメント

非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ