英語圏の国に長く住んでいる=英語が流暢に話せる、ではない。

カナダに来て2~3ヶ月の頃、私はとある英語学校に通っており、昼休みや放課後はなるべく日本”以外”から来た人(つまり韓国人、その学校の90%は日本人か韓国人だったので。)と行動をともにするようにして少しでも英語を話す機会を作るようにしていた。

しかし肝心の授業では、一クラスに生徒が10人以上、かつ大半の時間は先生が喋っており、自分の英語が伸びていく気がしなかった。
何だかんだ言って、学校というのはインプット中心なんだなあと思っていた。

何とかしてもっと英語を話す時間を作りたいと思っていたところ、バンクーバー郊外の教会で無料のESLクラスがあると聞き、早速行ってみることに。

クラスには15人くらいの人がいて、そのほとんどが中国人。たまに日本人、韓国人がいた。(皆アジア系)。

授業の内容はというと、シスターとエルダー(シスターの男性版)数人(彼らはほとんどがネイティブイングリッシュスピーカー)が先生となり、その日のレッスンのテーマにそって、ゲームをしたり、隣の人と話したりするよう指導する。

中国人の人達は50代以上と思われる人たちが多くて、聞いてみると、カナダに来て数年経っている、既に移民した人たちであるとのこと。

カナダに数年住んでいても、お世辞にも英語がウマイとは言えず(だからこうしてESLレッスンを受けに来ているわけで)、
英語のレッスンを受けに来たはずなのに、英語のレッスンというか、中国語のレッスンになりそうな勢いであった。

英語圏の国に長く住んでいる=英語が流暢に話せるではない、ということをその時実感した。

*お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

     

コメント

非公開コメント

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダで~2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、バンクーバーで学んだある方法であっという間に英語が話せるようになりました。(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。
現在は都内企業で翻訳の仕事に従事・英語レッスン主宰・留学カウンセラーの3足のわらじを履いています。忙しいですが、とても充実した時間を過ごしています。
私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「こんなのウソに決まってる、アリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。
「英語を暗記しない」、「英語は簡単」など、常識とは反対のことを言っていますのでそう思われる方もいらっしゃって当然だと思います。
「今のまま英語の勉強を続けても英語が話せている自分が想像できない」、
「留学やワーホリを考えているが、英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?」など、今までとは少し違う英語の勉強方法にご興味がある方。英語を使って仕事にボランティアに旅行に友達作り、自分のゴールを達成するワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた「英語を暗記ではない方法で学ぶ」ユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンでも3泊4日の集中レッスンや1ヶ月の集中レッスンが行われています。
    ◆オンラインレッスンも始まりました!
    ◆レッスンをフィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのインスタとツイッター
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ