ESLよりも簡単かつ早く英語が話せるようになる方法で英語を勉強して思ったこと。

フツーに英語を勉強しても英語が話せるようにならない・・


「英語を勉強する」、というと、どういうことを思い浮かべるだろうか。

教科書を読んで?
ノートをとって?
単語や文法を暗記して?
英会話の例文を読み上げて?
放課後は、宿題をして??

おそらく、こういうのを思い浮かべる人が多数だと思う。

たしかにそれが、フツーの英語の勉強。
つまり、日本の学校教育で経験する英語の勉強であり、海外の語学学校(ESL)で経験する英語の勉強である。

問題は、いくらこれらの勉強を続けても、「英語が話せる」という自信がなかなかつかないこと・・。

続きを読む

ワーホリして英語に着々と自信をつけられる人は何が違うのか。

「英語が話せるようになりたい」人へ。自分がしている英語の勉強の問題点を分かっていますか?


ほとんどの「英語が話せるようになりたい」日本人は、中高の6年、さらに人によっては大学と社会人になっても英語の勉強を続け、10年間、もしくはそれ以上もの年月を英語の勉強に費やしている。

「なぜずっと英語を勉強しているのに英語が話せないのだろう?」

・・実は教科書や問題集をいくら変えても、その勉強の仕方は「ずっと同じ」ということに、気が付いているだろうか。

例えば、文法。
例えば、単語。
それらを、ひたすらずーーーーーっと暗記している。

6年から10年も1つのこと(英語を暗記する)を続けていたら、当然だがそれに、慣れる。
そして「何年も英語を勉強しているのに話せない」というのが問題だということすらも、分からなくなる。
もしくは例えそれが問題だとは思っていても、どうすれば解決できるのかが分からない。
そうして、いくら英語を勉強しても上達しないので、英語に対する自信が上がるどころか、むしろどんどん自信を失っていく・・。


もし将来的に英語を仕事で使いたいとか海外に住みたいとか留学したいといった希望はなく、単なる”シュミ”として日本で英語を勉強しているのであれば、それでも十分だろうと思う。

でも実際のところ、多くの人は、英語を上達させて「流暢にしゃべりたい」と思っているのではないだろうか。
英語が話せるようになって、ワーホリや留学をしたり、2020年の東京オリンピックでボランティアしたり、外資系の企業で働いたり、外国人の友達を作ったり、自由に海外を旅行したい、とか。

・・ほとんどの人は、英語を使って「これがしたい!」という目標ははっきりしている。
でも、英語を自信をもって話すためにどうすればよいのかは、はっきりしていない。

英語を勉強しているのに話せないことの何が問題で、何が解決策なのかが、分からない。

続きを読む

ネイティブみたいに英語を話すために必要なもの、とは?

日本人が日本語には自信があって、英語には自信がない理由。


日本人である私達は、日本語をとくに苦労した覚えもないのにいつの間にか習得していた。
なのに、英語は何年も何十年も苦労して勉強して、かつ、いつまで経っても話せないのはなぜなのか?
と、考えたことはないだろうか。

これは、日本語のネイティブ(つまり私達)にとっては自然なこと過ぎて、普段意識すらしていないのだが、
実は私達は、日本語を無意識に「コントロール」して喋っている。
それによって自分の考えや感情を余すことなく伝え、
自分の性格(キャラ)を表現することさえできている。
だから、「自分は日本語が話せる」と自信を持って言うことができるのである。

一方、これが英語になると、途端に「コントロール」ができなくなる。
単語と単語をつなげて英語を話そうとするので子どもっぽく聞こえるし、
自分の考えや感情を十分に表現することもできない。
当然、英語では自分の性格(キャラ)も出せない。

これで「あなたは英語が話せますか?」と聞かれても、自信を持って「はい」と言えるわけがない。

続きを読む

英語の勉強が「エンドレス」と感じる、理由?

あなたが知っている日本語の単語は、全部で何個ですか?


カナダのバンクーバーでワーホリ中、
英語を個人で学んでいたレッスンの時に先生からこう尋ねられた。

“Cocoは‘自分は英単語をあんまり知らないからもっと覚えなくちゃ!’って言うけれど、
Cocoが暗記して覚えている日本語は、全部でいったいいくつあるの?” と。

さらに先生は日本語もよく知っているので、
”もちろん、漢字・ことわざ・四字熟語・漢文も全部数えてね!”
と、ジョークっぽく言う。

・・・自分が知っている日本語は、全部で何個??
数千?
数万?
数十万??・・・

考えて止まっていると、
“日本語は何語覚えているかなんて考えもしないのに、なぜ英語では何語覚えたかを気にするの?”
と、重ねて尋ねられた。

続きを読む

英語が話せないままワーホリを始める人と、話せる状態で始める人の、違い。

A:英語が話せないままワーホリを始めるケース


私がカナダのバンクーバーでワーホリを始めて2ヶ月目の頃。
当時はダウンタウンの語学学校(ESL)に通っていて、
毎日、家(ホームスティ先)と学校との往復。
放課後は時々図書館やカフェに寄って勉強。
休日まで図書館に行って勉強したりしていた。
・・だって本当に英語が話せるようになりたかったから。

でも自分では一生懸命英語を「勉強」しているはずなのに、
それに比例して英語が話せるようになっているとは到底思えず、
焦りと不安がどんどん膨らんでいた。

語学学校(ESL)は3ヵ月での契約だったから、残りはあと1ヶ月。
「3ヶ月ぐらい学校に行けば話せるようになりますよ」って留学エージェントの人には言われていたけど、
あと1ヶ月後に「英語が話せている自分」が、その時全く想像できなかった。。

そして、それから1ヶ月後、いよいよ語学学校を卒業する日を迎えた。
案の定、英語が話せるようにはなっていなかった。

自分と同じ頃に入学して、同じ日に卒業を迎えていた日本人や韓国人のクラスメイト(語学学校は大体毎週月曜日スタートの週or月単位での契約である)にも
”卒業して、これからどうするの?”
と聞いてみたのだが、
”英語がまだ上手く話せないので、他の語学学校に移ってまた数ヶ月通う”、とか言う人も結構、いた。
(これを私は語学学校ジプシーと呼んでいる。)


(自分も含め)多くのワーホリメーカーは、ほとんど英語が話せない状態でワーホリを始める。
「ワーホリならまずは語学学校(ESL)に3ヶ月くらい行ってから、ジャパレスやカフェなどで働いて・・」
というのが一般的だから、
そして、「みんながそうしているから」。
(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)

多くの人は英語が話せないまま海外生活を始めることに対して、それほど危機感を持っていない。
そして、現地に着いて初めて、想像以上に自分が英語でコミュニケーションが取れないことに、驚く。

学校に通って英語を勉強しても、そこでしていることは日本で散々してきたこと(単語や文法やイディオムの暗記とリスニング)を
今度は日本人の先生ではなくネイティブの先生から、
日本語で説明が載っている教科書ではなくすべてが英語のテキストを使って、
また英語で繰り返すだけ。

そのため
INPUT(単語や文法やイディオムの暗記とリスニング)の力はついても、
OUTPUT(スピーキング)は、いつまで経っても、難しい。

日が経つにつれ、
英語に自信がどんどん無くなっていってホームシックになったり。
開き直って常に日本人同士でつるむようになったり。。

だから、日本には「ワーホリして英語が話せるようになった」と言う人が、滅多にいない。
(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。を参照。)

続きを読む

「ESLでは無理だと思った」、カナダでワーホリ2ヶ月目の生徒さん(Kさん)からの感想。

カナダのバンクーバーでワーホリ中、語学学校(ESL)に3ヶ月通っても自分が英語を話せているとは思えず、
その後英語を「暗記なし・教科書なし・宿題なし」の方法で学んだところ、
今度は3ヶ月経つ頃には現地の人とも臆せず会話が楽しめるようになっていました。

その私が習った「暗記なし・教科書なし・宿題なし」の方法で英語を教えておられる先生のレッスンをフィリピンで1ヶ月受けられ、現在はバンクーバーでワーホリ中の生徒さん(Kさん)から感想を頂いたのでご紹介します。
(私がワーホリをしていた時は、先生が1人で教えておられ、レッスンが受けられるのもカナダだけでしたが、5年経った今は複数の先生方がおられ、レッスンが受けられる場所もフィリピン・中国・オーストラリア、それにオンライン(Skype)と、場所も大きく広がっています。)

===レッスンの感想===
初めまして。フィリピンでの1か月レッスン並びに現在カナダでのレッスンに参加しているKと申します。現在レッスンを受講されている方、又は受講を考えている方の参考に少しでもなればと思い、筆を執らせて頂きました。私は現在、カナダでのレッ スンに参加しておりますが、その前に1か月間、フィリピンのレッスンに参加していました。長文になりますので、フィリピンでの体験とカナダの現在の体験と分けて書かせて頂きます。

私は2017年の3月にフィリピンでの1か月レッスンに参加しました。
参加したきっかけはCocoさんのブログでこのプログラムを知り、東京での説明会に参加し従来のESLでの授業とは違う方法で英会話を学ぶこのプログラムスタイルに興味を持ったからです。皆さんもご存じとは思いますが、従来のESLの授業は(文法・ボキャブラリー)をネイティブの先生から学ぶというスタイルですが、このプログラムは文法なども学びますが、最も重要な点として(文化・話し方のテクニック・言語音楽)などを学びます。※これについてはCocoさんのブログで詳しい説明が記載されておりますのでここでは割愛させて頂きます。
(*筆者注1:英語を効果的に勉強するを参照)

セブ島のレッスンでは月曜から金曜の朝から夕方まで3~4人の先生達に(マンツーマンでスピーチスキル・英語圏の文化・大人が話す様な英会話のテクニック)の基礎を学び、そして土日はフィリピンの文化を知るために様々なアクティビティ(アイランドホッピングやジンベイザメと共に泳いだりなど)に参加しました。なので平日に学んだテクニックを土日のアクティビティで現地の人達に思い切り試す事が出来ました。

又、先生達と一緒に昼食・夕食を作り、買い出しなども一緒に行くのでほぼ1日中先生達と共に過ごすので、ESLでは中々難しい英語のアウトプットも常にすることが出来ました。先生といっても距離感がとて も近いので友達と話しているような感覚で、実際に「そういう気持ちが大事なんだ」ということも教えられました。※friendlyとpoliteの違い
(*筆者注2:friendlyとpolite 2つの文化の違いを参照)

そして最も重要だった「現地の文化を知る」という点ですが、フィリピンは日本とは全然違う文化(宗教・生活環境・歴史・食など)を持つ国だったのでそれを理解することで自身の英会話に深みが出た事を実感しました。
食については私はフィリピン料理が苦手でなかなか苦労しましたが(笑)

正直、今までの英語の学習スタイルと全く違うので最初は疑問や戸惑いが沢山ありましたが、
学んでいき実際に現地の人達の英語を聞いていると、確かに学んだテクニックや表現を使っていたりしたのでこの重要性を身を持って実感し、授業やテキストで学ぶ英語と実際のネイティブが話す英語がこんなにも違う物なのかと肌で感じ驚きました。

フィリピンでのプログラムは1か月でしたが、毎日が濃密だったので(本当に頭がショートするくらい)
とても長く感じましたが、心から参加してよかったと思えました。


カナダでのレッスンですが、私はフィリピンでのレッスンを終えた後すぐにカナダでのレッスン参加を決めました。フィリピンでのレッスンはあくまでも基礎でカナダでのレッスンはテクニックやスキルを更に深める事が出来、よりネイティブの英語に近づくことが出来るとの事でしたので参加を決意しました。又、参加に際してヘッドティーチャーによるレッスン費の割引を受けられるテストを受けました。それはフィリピンで学んだテクニック・スキルを使った面接を行い、その出来によりレッスン費を割り引いてもらえるシステムでした。私はそのテストを受け、ありがたい事にMAXの割引を受ける事が出来ました。そうしてカナダに来た私は現在バンクーバーでレッスンを受けながら生活をしています。

カナダの文化は多国籍文化で様々な国出身の人が生活しているので本当に様々な文化の違いを感じる事が出来ます。もちろん戸惑いもありますが、それも含めて文化を学ぶという事なので楽しみながら生活しています。
また、私はレッスンを受けながら現在完全ローカルのカフェで仕事もしています。
お客様は99%カナディアンの方で容赦のない(笑)ネイティブ英語を浴びせられていますが、学んだテクニックやスキルを使ってコミュニケーションを取ってい ます。

それと同時に私は現地のカナディアンのソフトボールチームにも在籍しています。その人達の英語を聞いているとやはりスピーチスキルなどを駆使していてそれを聞き取れる自分にも感動しています(笑)。
(*筆者注2:スピーチスキルについて)

彼らはとてもフレンドリーで(情け容赦のないヤジも含め)とても充実したカナダライフを過ごしています。まだこちらに来て2か月でレッスンも途中ではありますが、着実に自分の英会話力があがってるのを実感します。

正直、こちらに来て語学学校に通ってる日本人にも会いましたが彼らの英語に違和感を感じる自分がいて驚きました。「教科書通りの英語っていうのはこういうのを言うのか」
「テクニックを知っているのと知らないのとではこんなにも表現に差が生まれるのか」と。

何故、私たちの英語は幼稚に聞こえるのか、どうすれば自分の気持ちを豊かに表現できるのか。英会話を学ぶ上でこの疑問にぶち当たる人は多いと思います。

この疑問は恐らくESLでは解決できないと思います。何故ならESLの先生達もこのテクニックを知らないからです。又、知っていても教え方が分からないからです。

私はこの疑問をこのプログラムで解消することが出来ました。又、自分の中で確実に英会話の表現の幅が広がったと感じました。現在も私はレッスンの途中で、まだまだテクニックやスキルも使いこなせていませんが、それでも色々な事を経験し、様々な人と出会い会話することで確実に上達していくだろうと確信しています。
また、1人でも多くの人が本当の英会話を知り今後の人生に役 立てていければと願っています。
長文・乱文失礼しました。
===========
Kさん、どうもありがとうございました!

Kさんが受けられていたフィリピンのレッスン(English Boot Camp Philippines中に撮影された動画はこちら↓


Kさんの写真↓
Kさん_フィリピン2017
Kさん_フィリピン2017_2
↑レッスンの合間や週末には先生方も一緒にアクティビティへ。
Kさんと他の生徒さん達_フィリピン2017
↑他の生徒さん達と一緒に。

Kさん_カナダ2017
↑常夏のフィリピンから、まだ雪の残るカナダへ。
Kさん_カナダ2017_2
↑ソフトボールチームで出会うカナディアンが話すスピーチスキルを聞き取り、自分も使っておられるというKさん

さらに多くの写真が、バンクーバー滞在2年目の日本人の元生徒さんであり現在留学カウンセラーをされているJunさんが更新しておられるfacebookからも見られます→YCDI(You Can Do It)

なお、希望される方は、バンクーバーにいらっしゃるKさんとSkypeまたはLINEを使ってお話することもできます。



*****お知らせ*****
【重要】
私がカナダで個人で英語を学んだ先生が、6/23(金)~25(日)に日本にいらっしゃいます。
それに合わせ、同日ワーホリ・留学を予定されている方へ向けた説明会が開催されます。
私も参加予定です。

参加を希望される方は、コメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

******

日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。にも書いている
①何はともあれまずは語学学校で英語を「勉強(=暗記)」。(どの留学エージェントも申し合わせたようになぜか「まずは3ヶ月」と言う。)

②学校に使ったお金を取り戻すべく、また旅行代を貯めるべく、レストランやカフェでバイト。

③カナダやアメリカを旅行。

④とは言えたった1年で英語が話せるようになるのは相当「難しい」ので、英語が話せないかわりに「せめて」TOEICは・・・ということで、帰国前の1~2ヶ月はまた「勉強」してTOEICを受験。

⑤帰国。

という「ワーホリの王道パターン」を辿らないために、
日本にいる間に英語を伸ばし、現地で英語に悩まないで済まないようにするために、
ワーホリや留学を考えている方に向けたプランができました。

**********

ポイント①日本にいる間に3ヶ月間、毎週オンラインのマンツーマンレッスン(グループレッスンではありません)で英語を学びます。
学び方は、私がカナダのバンクーバーで英語を学んだのと同じ方法で、「暗記なし・教材なし・宿題なし」で、英語を効果的に勉強するにある言語の5つのパートの中の3番目、スピーチスキル/話し方の技術(世界中のどの言語にも共通して存在しているが、教科書にも書いていないし、学校や親から教えられることもない。成長する中で自然に学び、いつの間にか私たちが口を開く時には意識することなくいつも使っている話し方。)を主に学びます。
これで日本にいる間に、海外に行っても大丈夫だという自信をつけます。

ポイント②その後カナダ現地で英語を3ヶ月、先生と先生が1人ずつのマンツーマンで、今度はスピーチスキル/話し方の技術以外の
文化/カルチャー (そこに住んでいる人たちの考え方や価値観、行動、人と人との関係性のこと。)
言語音楽 (アクセントや発音・イントネーションなどのこと)、
文法
単語
の部分を集中的に学びます。

すでに日本にいる間にレッスンを受けられ、カナダに着いて数週間で英語を使う仕事を複数得た生徒さんも実際にいらっしゃいます(レッスンで英語での面接に向けたトレーニングなども行います)し、カナダ現地企業への就職など、それぞれの目標を叶えていらっしゃる生徒さんが何人もいらっしゃいます。先月バンクーバーに着いたある生徒さんは、ワーホリで既に現地企業で働き始め、会社の車を運転しておられるそうです。

TOEICの勉強などする間でもなく、日本に帰国後も英語のスキルを使って仕事をするのに困らないレベルになっていることを保証します。


[ワーホリを考えている方対象のオンライン&オフラインレッスンの詳細]
費用:5,500 USD
期間:6ヶ月間
レッスン形態:
ポイント①:日本にいる間に3ヶ月、毎週オンラインの、先生と先生が1人ずつのマンツーマンレッスンでスピーチスキル/話し方の技術を習得します。

ポイント②:カナダ現地で英語を3ヶ月、マンツーマンレッスンで、スピーチスキル/話し方の技術以外の
文化/カルチャー(そこに住んでいる人たちの考え方や価値観、行動、人と人との関係性のこと。)
言語音楽
文法
単語
を学びます。(レッスンは1人の生徒さんにつき2人の先生が担当します。これにより、より多様な英語の発音や英語の話し方に早く慣れることができます。2人の先生が担当されますが、1回のレッスンにつかれる先生は毎回1人です。)
カナダ現地で、英語圏の国で英語を使って働くための特別トレーニング(ビジネスイングリッシュやビジネスの現場での文化的慣習の違いについて学び、現地での英語の面接に合格するためのトレーニング)も受けます。



出発前に英語を上達させ、現地で本当に自分が就きたい仕事をするためのコースです。そのため日本にいる間から3ヶ月英語を学び、海外で働くための準備をします。

**********

私がカナダで受けていた英語のレッスンにご興味がある方、体験レッスンを受けてみたい方、留学やワーホリを考えておられる方は、先生とJunさんからオンラインで無料カウンセリングも受けられます。

東京都内であれば筆者である私Cocoが直接お会いしてお話することも可能です。

コメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

*ご連絡いただいた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.アンケートの回答をいただきましたら、先生とJunさんに頂いたアンケートとご連絡先を転送します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン無料カウンセリングの日時をご相談の上決定します。




    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 ブログランキング・にほんブログ村へ
 


日本人が"What's up?"を使えない、理由?

"What's up?"はスラングだから言ってはダメ?


この間、ネイティブイングリッシュスピーカーの友達に会った時、
"Hey, what's up?"
と私が言ったら、
一緒にいた日本人の友達(英語あまり話せない)が驚いたような顔をした。

なのでネイティブの友達が去った後、
「さっき何かびっくりしてなかった?」
と聞いたところ、
「え~、それはCocoがWhat's up?とか言うからだよ、私は絶対言えない!だってスラングでしょう?」
と言われて、今度はこっちが驚いた。

続きを読む

生徒さんからの感想&6/23-25東京でワーホリ・留学の説明会開催のお知らせ

私はカナダのバンクーバーでワーホリ留学を始めた時、語学学校(ESL)に通っていました。
でも3ヶ月経っても英語が話せているという気がせず悩んでいました。
そんな時、知り合いから英語を個人で教えている先生がいると聞き、その先生から「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を習い((英語を効果的に勉強するを参照)、今度は3ヶ月経つ頃には現地の人とも臆せず会話が楽しめるようになっていました。

当時は先生が1人で教えておられたのですが、5年が経った今は、先生方も複数おられ、
レッスンを受けられる場所もカナダ・フィリピン・オーストラリア・日本と大きく広がっています。

先日、私がカナダで受けていたのと同じレッスンを日本で受け始められた方からメッセージを頂いたのでご紹介します。
===================
2017/06/05 17:38
Coco さん
ご無沙汰してます。お元気ですか?

L­IのSkype個人レッスンに申し込みました。

レッスンは5月からスタートしたのですが­、講師の先生に関するちょっとしたトラブルがあり、­やっと技術4つめを学んだところです。

トラブルの最中は、これが本当に英会話の­技術として価値があるのか、正直、疑ったのですが、­Junさん、MafingとMattに対応いただき­、無事に楽しく学べるようになりました。

「スピーチスキル」 (*筆者注:スピーチスキル/話し方の技術についてはスピーチスキル/話し方の技術を参照ください)
は今まで気にもしていな­かったことなので、自分の文章に入れてすぐスラスラ­言うようにはまだならないのですが、poscast­を聴いてるとガンガン使われていて、見つけるのが面­白くなるほどです。

いろいろありましたが、やっと「スピーチスキル」の価値が実感できてきました。普段は英語を使­う機会がないのでなかなか試せないのが残念ですが…­。

先日、Mattに先生をチェンジしてもら­えてよかったとフィードバックをしたところ、ぜひCocoさんにも受講の感想をフィードバックしてあげ­てとのことだったので、メッセージしました。

まだまだ道のりは長いですが、技術を学ん­だ後には、これまでとは全く違う英語が話せるのだと­妙な確信があります。
===================
(筆者注:文中のJunさんは 日本人カウンセラーの方、Mafingはフィリピンにおられる先生、Mattは私がバンクーバーで英語を学んだ先生で現在はHead Teacherとして他の先生方を統括されています。)

Tさん、メッセージをありがとうございました!


*****お知らせ*****
【重要】
私がカナダで個人で英語を学んだ先生が、6/23(金)~25(日)に日本にいらっしゃいます。
それに合わせ、同日ワーホリ・留学を予定されている方へ向けた説明会が開催されます。
開催日時はこちらからご確認頂けます。
6月のワーホリ・留学説明会の開催日時

参加を希望される方は、コメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

******

日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。にも書いている
①何はともあれまずは語学学校で英語を「勉強(=暗記)」。(どの留学エージェントも申し合わせたようになぜか「まずは3ヶ月」と言う。)

②学校に使ったお金を取り戻すべく、また旅行代を貯めるべく、レストランやカフェでバイト。

③カナダやアメリカを旅行。

④とは言えたった1年で英語が話せるようになるのは相当「難しい」ので、英語が話せないかわりに「せめて」TOEICは・・・ということで、帰国前の1~2ヶ月はまた「勉強」してTOEICを受験。

⑤帰国。

という「ワーホリの王道パターン」を辿らないために、
日本にいる間に英語を伸ばし、現地で英語に悩まないで済まないようにするために、
ワーホリや留学を考えている方に向けたプランができました。

**********

ポイント①日本にいる間に3ヶ月間、毎週オンラインのマンツーマンレッスン(グループレッスンではありません)で英語を学びます。
学び方は、私がカナダのバンクーバーで英語を学んだのと同じ方法で、「暗記なし・教材なし・宿題なし」で、英語を効果的に勉強するにある言語の5つのパートの中の3番目、スピーチスキル/話し方の技術(世界中のどの言語にも共通して存在しているが、教科書にも書いていないし、学校や親から教えられることもない。成長する中で自然に学び、いつの間にか私たちが口を開く時には意識することなくいつも使っている話し方。)を主に学びます。
これで日本にいる間に、海外に行っても大丈夫だという自信をつけます。

ポイント②その後カナダ現地で英語を3ヶ月、先生と先生が1人ずつのマンツーマンで、今度はスピーチスキル/話し方の技術以外の
文化/カルチャー (そこに住んでいる人たちの考え方や価値観、行動、人と人との関係性のこと。)
言語音楽 (アクセントや発音・イントネーションなどのこと)、
文法
単語
の部分を集中的に学びます。

すでに日本にいる間にレッスンを受けられ、カナダに着いて数週間で英語を使う仕事を複数得た生徒さんも実際にいらっしゃいます(レッスンで英語での面接に向けたトレーニングなども行います)し、カナダ現地企業への就職など、それぞれの目標を叶えていらっしゃる生徒さんが何人もいらっしゃいます。先月バンクーバーに着いたある生徒さんは、ワーホリで既に現地企業で働き始め、会社の車を運転しておられるそうです。

TOEICの勉強などする間でもなく、日本に帰国後も英語のスキルを使って仕事をするのに困らないレベルになっていることを保証します。


[ワーホリを考えている方対象のオンライン&オフラインレッスンの詳細]
費用:5,500 USD
期間:6ヶ月間
レッスン形態:
ポイント①:日本にいる間に3ヶ月、毎週オンラインの、先生と先生が1人ずつのマンツーマンレッスンでスピーチスキル/話し方の技術を習得します。

ポイント②:カナダ現地で英語を3ヶ月、マンツーマンレッスンで、スピーチスキル/話し方の技術以外の
文化/カルチャー(そこに住んでいる人たちの考え方や価値観、行動、人と人との関係性のこと。)
言語音楽
文法
単語
を学びます。(レッスンは1人の生徒さんにつき2人の先生が担当します。これにより、より多様な英語の発音や英語の話し方に早く慣れることができます。2人の先生が担当されますが、1回のレッスンにつかれる先生は毎回1人です。)
カナダ現地で、英語圏の国で英語を使って働くための特別トレーニング(ビジネスイングリッシュやビジネスの現場での文化的慣習の違いについて学び、現地での英語の面接に合格するためのトレーニング)も受けます。



出発前に英語を上達させ、現地で本当に自分が就きたい仕事をするためのコースです。そのため日本にいる間から3ヶ月英語を学び、海外で働くための準備をします。

**********

私がカナダで受けていた英語のレッスンにご興味がある方、体験レッスンを受けてみたい方、留学やワーホリを考えておられる方は、先生と現在バンクーバー滞在2年目の日本人の元生徒さん(Junさん)から、オンラインで無料カウンセリングも受けられます。

東京都内であれば筆者である私Cocoが直接お会いしてお話することも可能です。

コメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

*ご連絡いただいた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.アンケートの回答をいただきましたら、先生とJunさんに頂いたアンケートとご連絡先を転送します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン無料カウンセリングの日時をご相談の上決定します。




    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 ブログランキング・にほんブログ村へ
 

カナダで英語を話すと子ども扱いされているように感じていた理由。

35歳のメキシコ人留学生と日本語で話しながら、「子どもと話しているみたい」と感じていた私。


私がカナダのバンクーバーでワーホリを始める前、まだ大学生だったころのこと。

学部の友達が学生支援課が募っている交換留学生のサポートのボランティア(役所での手続きや携帯の契約など、日本での生活に必要な諸々の手続きに同行して手助けしたり、日本での生活に馴染めるように相談相手になったりする)をしていた。

当時の私は、友達からボランティアに誘われても「留学生のサポートなんて、英語も全然話せないし、とてもとても・・」と思い、挑戦はしなかったのだが(当時は消極的だったので・・)、その友達と、彼女がサポートしている留学生とで、何度か一緒に遊びに行ったりしていた。

その留学生は、メキシコ出身の35歳男性で、母国では美術の教師をしていた、とのことだった。

しかし日本語で会話をしていると、私は、相手は自分よりもずっと年上であるにも関わらず、
「小さな子どもと話しているみたい・・」と感じていた。

その留学生が、日本語の授業で書いたという作文を見せてくれたこともあるのだが、
全てが拙いひらがなで書かれているその作文は、どう見ても私には小学1年生が書いたものにしか思えなかった。

しかしその後数年して、カナダでワーホリを始めた私は、今度は自分自身がその留学生の立場になっていることを痛感する。

続きを読む

5月東京で開催、留学&ワーホリ説明会の写真

私がカナダのバンクーバーでワーホリ中、語学学校(ESL)に3ヶ月通っても英語が話せるようになったという気がせず、
その後、「暗記ナシ・宿題ナシ・教科書もナシ」のレッスンで英語を学び、今度は同じ3ヶ月で現地の人とも楽に会話が続くようになっていました。
同じ3ヶ月で、英語に自信が持てるようになっていました。
英語を効果的に勉強するを参照。)

その、私がバンクーバーで受けていた英語のレッスンが、現在はカナダだけでなくフィリピン、オーストラリア、それにSkypeを使ってオンラインでも受けられるようになっています。
5年前には先生もお一人で教えておられたのが、今は複数の先生方がいらっしゃいます。

先生は度々日本にも来られており、この5月には、ワーホリ・留学を予定されている方、英語を日本で学ばれている方へ向けた説明会を東京で行いました。
その時の写真の一部をご紹介します。

説明会東京五月1

説明会東京五月2

説明会は6月も開催する予定です。

******
説明会では、日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。にも書いている
①何はともあれまずは語学学校で英語を「勉強(=暗記)」。(どの留学エージェントも申し合わせたようになぜか「まずは3ヶ月」と言う。)

②学校に使ったお金を取り戻すべく、また旅行代を貯めるべく、レストランやカフェでバイト。

③カナダやアメリカを旅行。

④とは言えたった1年で英語が話せるようになるのは相当「難しい」ので、英語が話せないかわりに「せめて」TOEICは・・・ということで、帰国前の1~2ヶ月はまた「勉強」してTOEICを受験。

⑤帰国。

という「ワーホリの王道パターン」を辿らないために、
日本にいる間に英語を伸ばし、現地で英語に悩まないで済まないようにするために、
ワーホリを考えている方に向けたプランについてもお話しました。


ポイント①日本にいる間に3ヶ月間、毎週オンラインのマンツーマンレッスン(グループレッスンではありません)で英語を学びます。
学び方は、私がカナダのバンクーバーで英語を学んだのと同じ方法で、「暗記なし・教材なし・宿題なし」で、英語を効果的に勉強するにある言語の5つのパートの中の3番目、スピーチスキル/話し言葉のテクニック(世界中のどの言語にも共通して存在しているが、教科書にも書いていないし、学校や親から教えられることもない。成長する中で自然に学び、いつの間にか私たちが口を開く時には意識することなくいつも使っている話し方。)を主に学びます。
これで日本にいる間に、海外に行っても大丈夫だという自信をつけます。

ポイント②その後カナダ現地で英語を3ヶ月、先生と先生が1人ずつのマンツーマン(グループレッスンではありません)で、今度はスピーチスキル/話し言葉のテクニック以外の
文化/カルチャー (そこに住んでいる人たちの考え方や価値観、行動、人と人との関係性のこと。)
言語音楽 (アクセントや発音・イントネーションなどのこと)、
文法
単語
の部分を集中的に学びます。

すでに日本にいる間にレッスンを受けられ、カナダに着いて数週間で英語を使う仕事を複数得た生徒さんも実際にいらっしゃいます(レッスンで英語での面接に向けたトレーニングなども行います)し、カナダ現地企業への就職など、それぞれの目標を叶えていらっしゃる生徒さんが何人もいらっしゃいます。先月バンクーバーに着いたある生徒さんは、ワーホリで既に現地企業で働き始め、会社の車を運転しておられるそうです。

TOEICの勉強などする間でもなく、日本に帰国後も英語のスキルを使って仕事をするのに困らないレベルになっていることを保証します。


[ワーホリを考えている方対象のオンライン&オフラインレッスンの詳細]
費用:5,500 USD
期間:6ヶ月間
レッスン形態:
ポイント①:日本にいる間に3ヶ月、毎週オンラインで先生と生徒1対1のマンツーマンレッスンでスピーチスキル/話し言葉のテクニックを習得します。

ポイント②:カナダ現地で英語を3ヶ月、マンツーマンのレッスンで、スピーチスキル/話し言葉のテクニック以外の
文化/カルチャー(そこに住んでいる人たちの考え方や価値観、行動、人と人との関係性のこと。)
言語音楽
文法
単語
を学びます。
(現地でのレッスンは1人の生徒さんにつき2人の先生が担当します。これにより、より多様な英語の発音や英語の話し方に早く慣れることができます。2人の先生が担当されますが、1回のレッスンにつかれる先生は毎回1人です。)
カナダ現地で、英語圏の国で英語を使って働くための特別トレーニング(ビジネスイングリッシュやビジネスの現場での文化的慣習の違いについて学び、現地での英語の面接に合格するためのトレーニング)も受けます。



出発前に英語を上達させ、現地で本当に自分が就きたい仕事をするためのコースです。そのため日本にいる間から3ヶ月英語を学び、海外で働くための準備をします。


**********

私がカナダで受けていた英語のレッスンにご興味がある方、体験レッスンを受けてみたい方、留学やワーホリを考えておられる方、説明会への参加を希望される方は、先生と現在バンクーバー滞在2年目の日本人の元生徒さん(Junさん)から、オンラインで無料カウンセリングも受けられます。

東京都内であれば筆者である私Cocoが直接お会いしてお話することも可能です。

コメント欄か、画面右下に表示されるメッセージ欄か、LINEからご連絡ください。

LINEはstop_study_speak_engで検索頂き、
・ローマ字でお名前
・メールアドレス
を明記の上ご連絡下さい。

*ご連絡いただいた後の流れは以下となります。

1.無料カウンセリングのための事前アンケートをお送りします。同時に、ご連絡先も伺います。
2.アンケートの回答をいただきましたら、先生とJunさんに頂いたアンケートとご連絡先を転送します。
3.先生とJunさんからコンタクトがあります。オンライン無料カウンセリングの日時をご相談の上決定します。





    *お役にたちましたら、ポチッと応援↓いただけると、大変嬉しいデス♪*
クリックの数によって、順位が上がっていく仕組みです。(いつも応援ありがとうございます)
 ブログランキング・にほんブログ村へ
 

プロフィール

Coco

Author:Coco
カナダ・バンクーバーで2012年ワーホリを経験。日本で何年勉強してもカナダで語学学校に通っても英語が話せなかったのに、その後「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で英語を学び、3ヶ月ほどで英語が話せるようになりました。
(ワーホリを終えてもTOEICのスコアを持っていなかったため好奇心で受けたところ970点でした)

帰国後の現在は都内企業で英語を使って働いています。

カナダでワーホリ中は始め語学学校に通っていたのですが、3ヶ月経っても英語が話せているとは思えず、かなり悩んでいました。
でもその後、知人から聞いて、日本の学校教育とも英会話スクールとも、海外の語学学校とも違う、
「暗記ナシ・教材ナシ・宿題ナシ・筆記用具もナシ」の方法で英語を学ぶようになりました。

すると今度は同じ3ヶ月で、現地の人とも臆することなく英語で会話できるだけでなく、英語が「自然」だと言われたり、「日本人の英語っぽくないから日本人だとは思わなかった」と言われたりするようにもなっていました。

英語を暗記しても話せるようになるのは難しい。
逆に、勉強方法を変えたら英語が話せるようになるのは簡単です。

私がブログに書いている自分の経験、とくに英語の勉強方法については、「英語を暗記しなくていいなんてアリエナイ」とのメッセージを頂いたこともあります。

「英語を暗記しない」・「英語は簡単」など、"常識"と反対のことを言っていますのでそう思われる方もいて当然だと思います。

でもそう言う方に是非お聞きしたいのですが、
「散々英語を暗記してきて、今、英語が話せるようになっていますか???」

***
・このまま勉強を続けたところで英語が話せている自分が想像できない
・留学やワーホリを考えているが英語が話せないまま海外に行って本当に大丈夫なのか?
と思っている方。

私もバンクーバーで英語を個人で学ぶようになるまで同じ疑問や不安を持っていました。

「暗記ナシ・教材ナシ・宿題もナシ」の、今までとは違う英語の勉強方法に興味がある方、英語を使って海外で仕事にボランティアに旅行に友達作り・・現地で自分が本当に望むワーホリ&留学がしたい方はご連絡ください。

◆ワーホリの王道(日本人が経験する「ワーホリの王道パターン」とは。)を行かないために、私がバンクーバーで受けていた英語を「暗記ナシ・教科書ナシ・宿題もナシ」の方法で学んだユニークな英語レッスンについてはこちら→
  • 英語を効果的に勉強する
  • 【動画で説明】一般的な英語学習の問題点。なぜ母国語を習得するのは簡単で、外国語を習得するのは難しいのか。

  • ◆レッスンは現在カナダだけでなくフィリピンやオーストラリア、日本でも受講できます。
    ◆オンライン(Skype)レッスンもあります。
    ◆レッスンを1ヶ月フィリピンで受けられ、現在カナダでワーホリ中のAmiさんのブログとインスタとツイッター
    →ブログ:My life
    →いつも同じガイドブックじゃつまらない。AmiさんのInstagram
    →英語や現地の日々奮闘している生活情報。AmiさんのTwitter

    キーワード別記事

    検索フォーム

    かうんたー

    ブログランキング

    ぶろぐえんとり

    blogramで人気ブログを分析

    らんきんぐ